昔はあまり人気がなかった演歌。

もちろんシニア世代には人気でしたが、若い世代からは演歌なんて、なんていう言葉が聞かれるくらいでしたが、

現在では氷川きよしさんの登場で演歌を聴く年代がぐっと下がったように思います。

そんな氷川さんと同じ師匠を持つ山内惠介さん。

30代の若い演歌歌手です。

そんな山内さんなんですが、実はかっこいい腕時計をお持ちです。

演歌歌手も最近ではすごくオシャレ。

氷川さんを見てればわかりますが、ファッションは演歌を聞く年代よりも若いです。

ということで今日は山内さんの腕時計について。

シャネル J12 オートマティック Ref.H0685

シャネル J12 オートマティック Ref.H0685



みんな大好きシャネルのJ12。

僕もこのセラミック製の腕時計が結構好き。

周りに一人このモデルの愛用者がいましたから何度も拝見していますが、このセラミックの質感が素晴らしく良い。

ケースサイズ38mmと小さいんですが、光沢があるのと存在感があるのでそこまで小さく見えない。

こういう感じでじゃらじゃらしているのに防水性は200メートルもあって、なかなか使い勝手も良い。

水中での視認性はあまりよくないでしょうが、ダイビングでも使用できるスペックを備えています。

それにしてもこのセラミック感がやっぱり良い。

このセラミック素材の良いところは何といっても堅いところでしょうね。

硬質で傷がつきにくい。

白いモデルもありますが、なかなか迷うところであります。

『ナイトシャッフルG 以心伝心 笑う門には恵ちゃんきたる』で着用していたのがこのモデル。

カルティエ ロードスターLM Ref.W62002V3

カルティエ ロードスターLM Ref.W62002V3



そして次はカルティエのロードスター。

このモデルはリューズの形状がとても特殊なモデルで、突き出た感じがちょっと邪魔にはなりそうなんですが、そこがカルティエのロードスター。

葉加瀬太郎さんもカルティエのロードスターの愛用者。

レーシングにインスパイアされて登場したこのモデル。

アラビア数字のインデックスは廃盤になっているのでこれはちょっと珍しいタイプ。

確かにカルティエの腕時計はほとんどがローマ数字の大人っぽいデザインなので、バックグラウンドのトラックラインと合わせてなかなか面白いデザインをしています。

リューズの感じといい、文字盤のスタイルといい、ちょっと変わった腕時計ではあります。

という感じで演歌歌手の山内惠介さんの腕時計ですが、やっぱり最近の演歌歌手は若いしオシャレ。

おすすめはもちろんシャネルのJ12。

あのセラミック素材の黒はかっこいいったらありゃしない。