海猿でも有名な俳優、伊藤英明さん。

なかなかのイケメンで、183センチもある身長はやっぱりうらやましいw

救命病棟24時、 白い巨塔、 独身貴族などで名俳優っぷりを披露してくれましたが、実は腕時計好きというサイドも持ち合わせています。

ちょっと意外でした。

腕時計にはあまり興味がなさそうな感じなので、なんとも思っていませんでしたが、実は結構良い腕時計をお持ち。

ということで伊藤英明さんの腕時計を見てみましょう。

カルティエ バロンブルー クロノグラフ Ref.W6920003

カルティエ バロンブルー クロノグラフ Ref.W6920003



まずはカルティエのバロンブルー。

青い風船という意味のバロンブルー。

モデル名通り、風船のような形をしていますが、なぜか青くはないw

青いのはリューズだけで、、、と細かいことをいうのは大人げないのでやめときますw

しかしカルティエにしては丸みを帯びた腕時計で、円形の腕時計というのはカルティエにしては斬新な感じ。

カルティエ独特のローマン数字はそのまま残っていて、針の形状もその他のカルティエっぽい。

青く塗られたハンズは確かに高級感があります。

こう見えて実は時計のサイズは44mmもあります。

ダンディズムが少し柔らかくなった感じですが、44mmのケースサイズも相まって存在感はあります。

って言ってる意味がよくわからないですねw

ドラマ『無痛~診える眼~』で着用されていたのがこのモデル。

IWC ポルトギーゼ パーペチュアルカレンダー Ref.IW503203

IWC ポルトギーゼ パーペチュアルカレンダー Ref.IW503203



ケースサイズ44.2mmのポルトギーゼ。

ポルトギーゼにしては少し大きめですが、中に永久カレンダーのムーブメントが入っているんじゃあしょうがない。

小さいくらいだ。

クルトクラウスの天才的なパーペチュアルカレンダーのダヴィンチ以来、IWCは永久カレンダーを得意とするブランドになり、現在ではポルトギーゼを中心に永久カレンダームーブメントが搭載されたモデルをいくつも生み出しています。

このモデルはさらに7日間のパワーリザーブを積んでいてタフなモデルに仕上げられています。

しかもケースは18KWG製。

ステンレスっぽいですが、磨いた時の輝きが全く違うホワイトゴールド。

ツヤ感が全然違う。

ドラマ『独身貴族』や『とんねるずのみなさんのおかげでした』で着用されていたモデル。

ブレゲ マリーン ロイヤル Ref.5847BR/Z2/5ZV

ブレゲ マリーン ロイヤル Ref.5847BR/Z2/5ZV



そしてなんと、ブレゲのマリーンロイヤル。

これはやばいやつですねw

ブランド的にも価格的にもまさにハードコアの時計ツウが好む腕時計がこのモデル。

しかも18金のレッドゴールド。

このモデルはアラーム機能がついたダイバーズウォッチで、ブレゲが得意とする複雑機構の一つが載せられたモデルであります。

45mmの大きくてごっつい腕時計なんですが、文字盤にはブレゲ針やブレゲ伝統の小さめのローマンインデックスがデザインされているので、クラシック感も十分に感じられます。

ムーブメントのローターにもコートドジュネーブの模様が刻印されている、手の込んだモデル。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』で登場した伊藤さんのブレゲ。

かなり腕時計が好きみたいだ。