元広島カープの金本知憲選手。

広島カープを退団したあとは阪神タイガースに移籍し、監督にも就任しました。

広島県出身で、アニキなどと慕われたた強打者。

新井選手も金本さんを慕って阪神に行っちゃいましたが、その後は広島カープの強打者としてカムバック。

いろいろとカープとタイガースには縁がありそうです。

ということで今日は金本さんの腕時計について。

金本さんは腕時計を非常にたくさん持ってらっしゃいますが、今日は金本さんのウブロについてご紹介。

ということで1本目。

ウブロ キングパワー ウニコ チタニウム Ref.701.NX.0170.RX

ウブロ キングパワー ウニコ チタニウム Ref.701.NX.0170.RX

ウブロ HUBLOT キングパワー ウニコ 701.NX.0170.RX.1104 【新品】 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ウブロ モデル:キングパワー ウニコ 型番:701.NX.0170.RX.…

ウブロ HUBLOT キングパワー ウニコ 701.NX.0170.RX 【新品】 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ウブロ モデル:キングパワー ウニコ 型番:701.NX.0170.RX …

ということで、1本目のウブロ。

巨大なウブロの時計、キングパワー。

なんとケースサイズは48mmもあります。

で、でかい。。。

パネライの通常モデルのルミノールが47mmで、それもでかいなと思っていましたが、これはさらに1mm大きい。

パネライの場合は確かに厚みとか球面のガラスとかもあるので存在感があるんですが、やっぱりウブロの48mmというのもとても大きい。

それで、金本さんのはチタンケースのモデル。

ラバー素材もケースに使用された、フュージョンといやつですね。

異素材の融合です。

このモデルも、ゴン中山さんが持っているウブロと同様に、ウニコと呼ばれる自社製のクロノグラフムーブメントが搭載されています。

そんなウニコがシースルーの文字盤や裏蓋からのぞける1本で、ウブロファンが好きそうな仕様。

このウニコは時間計測の最中に4時位置にあるリセットボタンを押すと、計測針が瞬時に0に戻って再計測を始めるというフライバック機能が付いています。

サッカー選手には一回り小さい45mmでいいでしょうが、金本選手のように強靭な腕を持っていれば48mmでもそこまで大きすぎないはず。

『すぽると!』で着用していたのがこのモデル。

ウブロ キングパワー F1TM Suzuka 鈴鹿 世界限定250本 Ref.710.ZM.1123.NR.FJP11

ウブロ キングパワー F1TM Suzuka 鈴鹿 世界限定250本 Ref.710.ZM.1123.NR.FJP11

HUBLOT ウブロ King Power SUZUKA Limited Edition キングパワー F1鈴鹿 ジルコニウムケース 48mm 世界250本限定  710.ZM.1123.NR.FJP11

そして2本目のウブロはキングパワー。

F1とウブロがコラボしたモデルで、いかにもレーシングらしい1本。

これまでのウブロとはデザインディテールが結構違います。

F1の公式モデルであるキングパワーF1の鈴鹿限定モデルがこの1本なんですが、世界限定250本と数に限りがあります。

その1本を金本さんが所有しているわけですが、金本さんはF1が好きなんでしょうか?

ケース素材にはジルコニウムを使用し、ベゼルはブレーキーローターのようなスタイルをしていて、裏蓋にもチェッカーズフラッグがデザインされています。

随所でF1を感じられる1本。

『ダウンタウンDX』で着用していたのがこれ。

うーむ、金本さんのウブロはどちらもでかいモデルで複雑なデザイン。

こういうタイプ腕時計がすきなんですかね。

まあ腕がおそらく太いでしょうから、48mmでも大きすぎないんじゃないでしょうかね。