タモリさんが愛用するヴァシュロンコンスタンタンの腕時計・1912 ホワイトゴールド Ref.37001/000G、ジュビリー240 ホワイトゴールド

0
タモリさんが愛用するヴァシュロンコンスタンタンの腕時計・1912 ホワイトゴールド Ref.37001/000G、ジュビリー240 ホワイトゴールド

さて、タモリさん。

日本で知らない人はいないくらい有名な人物です。

こう見えて実はお笑いらしい。

日本のお笑いビッグ3の一人であるタモリさんですが、やっぱり持っている腕時計はすごい。

相当な資産家に違いない。

ちなみに残りの2人はビートたけしさんと、明石家さんまさんです。

この二人が持っている腕時計もやっぱりすごいです。

明石家さんまさんのプライベート腕時計・ウブロ、クストス、ブルガリとユニークなデザインのものばかり

明石家さんまさんのウブロ・田中将大さんとコラボしたビッグバン アエロバン MT88 Ref.311.SX.2090.NR.MTK15

映画監督でありお笑い芸人であるビートたけしこと北野たけしさんと大学教授である兄の北野大さんの腕時計・ウブロ ビッグバン ウニコ キング ゴールド セラミック 411.OM.1180.RX、ロレックス デイデイト プラチナ Ref.118346A

二人の腕時計はこちらの記事でも紹介しているので良ければ参考にどうぞ。

ということで今日はタモリさんが愛用するヴァシュロンコンスタンタンの腕時計。

年齢が年齢ですから、やはり持っているモデルはどちらも非常にクラシックで大人っぽくてドレッシー。

ヴァシュロンはスポーツ系よりもやはりドレス系を作らせたら天下一品。

ということでタモリさんが持っている、ヴァシュロンコンスタンタンの2モデルについて。

ヴァシュロンコンスタンタン 1912 ホワイトゴールド Ref.37001/000G

ヴァシュロンコンスタンタン 1912 ホワイトゴールド Ref.37001/000G


ということで1本目のヴァシュロンコンスタンタン。

なんか名前がいいですよね、最後のタンターーーンのとこw

ヴァシュロンのトノーはなかなか珍しい感じですが、このモデルは1912年に発売されたトノーコレクションの復刻版で、1912本限定で販売されたモデル。

インデックスの感じや、針の感じがフランクミュラーのトノーカーベックスっぽい。

ケースサイズは35.0mm × 30.0mmと、少々小ぶり。

昔の時計の復刻なのでまあこのくらいでしょうかね。

あとこのモデルの特徴として可動式のラグが挙げられます。

上から見るとまるでパネライのラジオミールのようなワイヤーループがセットされていますが、ワイヤーループではありません。

このラグは腕に馴染むように稼働するので付け心地がいいかもしれません。

なにせ、腕につけたことがないのではっきりしたことは言えませんからねw

まあでも腕との隙間を減らせるので密着性は上がるんじゃないでしょうか?

ちなみにムーブメントは手巻き式で、ケースもホワイトゴールド製とかなり高級な仕上がりになっている。

ぱっと見ステンレスなんですけどね。

ヴァシュロンコンスタンタン ジュビリー240 ホワイトゴールド

ヴァシュロンコンスタンタン ジュビリー240 ホワイトゴールド


ということで2本目。

このモデルは1755年に誕生した同ブランド生誕240年目を記念して作られたモデルで、トノー型のケースに末広がりになったラグがなんとも演技の良い1本。

世界限定240本しか作られなかった貴重なモデル。

2時位置にあるポインターデイトや10時位置にあるパワーリザーブインジケーターはその他のヴァシュロン、例えばオーバーシーズのデュアルタイムともレイアウトを共有しています。

インデックスにローマ数字を使用し、12のところにはマルタ十字をデザインしています。

ちなみにこれもホワイトゴールド製。

ということでタモリさんの腕時計でしたが、やっぱりこうして見るとヴァシュロンのトノーやドレス系は深みがある。

オーバーシーズもいいですが、やはりクラシックなヴァシュロンはなんだか重みがあります。

ということでタモリさんの腕時計でした。

関連性のある記事