夏はカエルがげろげろ泣いてるこの頃。

夜は綺麗なお月さまが出ている。

IWCのダヴィンチも綺麗な月なら負けていない。

36mmの小さなケースから覗く月は星とともに現れるムーンフェイズで、

スペックだけ見ると男女兼用のダヴィンチかと思いきや、

写真を見るとこれはどうも女性ものらしい。

いや、

これは男女兼用なのかもしれない。

リューズやベゼルをみるとどうも女性っぽいと思ってしまうのだが男性がしてもおかしくないデザインでもある。

この三角形がどっちかというと女性っぽい。

僕は以前このモデルのゴールドバージョンで男性でも女性でも行けそうなデザインだと偉そうに書いているがw

どうやらこのモデルも男女兼用モデルみたいだ。

まあそんなのことはどっちでも良いか。

とにかく美しい腕時計だということに変わりはない。


image by eye-eye-isuzu.com

男性がつけるとこんな感じ。

小ぶりな時計が好きだったり、大きな時計が嫌いな男性はこれはおすすめ。

しかもムーンフェイズが付いている。

IW459306
image by blog.livedoor.jp/tompkins_sano

女性が着用するとこんな感じ。

大振りな感じ。

これがデカウォッチの魅力だ。

男性がするとやはり少しこじんまりな感じ。

女性がすると大きく見るのが36mmのケースサイズだ。

こちらの記事でゴールドモデルについて書いていて知らず知らずのうちに前回も同じ件で少し悩んでいるw

こっちのゴールドのモデルはムーンフェイズのムーンや星の色も金色で、

シルバーのステンレスモデルとはこの辺でも差がつけられている。

ケース素材はホワイトゴールドではないのでご購入の際は気を付けておきたいところ。

派手なムーンフェイズや時計が苦手という人は18Kゴールドモデルよりもこっちのシルバーのモデルがやっぱりおすすめだ。

僕も30歳になるまでゴールドが苦手だったのでその気持ちがすごくよくわかる。



因みに防水性は30m、パワーリザーブは42時間。

実用性は普通にあるかわかっこいいシルバームーンフェイズ36mm。