英国軍向けに時計を製造したり、

スピットファイアシリーズを生み出したり、

イギリスの戦闘機やパイロットとかかわりの深いIWC。

1948年からイギリス軍に提供していたマークXIと呼ばれるパイロットウォッチがある。

マークXI

このヴィンテージ感たっぷりの1本がマークXIと呼ばれるイギリス軍御用達のパイロットウォッチだ。

このモデルはとても人気のあるアンティークウォッチで、

実は一般には普及しなかった。

英国軍のパイロット専用に提供されたいわば軍用時計で、

なかなか手に入らないのも人気の理由になっている。

一般市場で売られなかったので伝説的な時計としてコレクターからの人気も高く、

現在でもオンラインや実店舗で見かけることはほとんどない。

パイロット・ウォッチ・マーク-XVIII-トリビュート・トゥ・マーク-XI

これは2017年新作のマーク18。

マーク11と酷似していることにお気づきだろうか?

そう、

このマーク18はシリーズの新たなバリエーションで、

イギリス軍に提供されたというマーク11へのオマージュ作品としてマーク18に加えられたカラーバリエーションだ。

似ているのは配色だけじゃない。

マーク11と同じく、ミリタリー感を出すため、

ベルトもレザーではなくナイロンのNATOベルトを採用し、

パイロット感、

ヴィンテージ感、

ミリタリー感を出している。

パイロット・ウォッチ・マーク-XVIII-トリビュート・トゥ・マーク-XI

これがNATOベルトを通した復刻マーク18の裏表。

NATOベルトは引き通し式のナイロンストラップのこと。

元々NATO軍が利用していたのがこのスタイルのベルトで、

正規品は『NATO G10』と呼ばれる製品。

現在ではナイロン製で引き通し式ならNATOベルトと呼ばれている。

パイロット・ウォッチ・マーク-XVIII

これがマーク18の通常のバリエーション。

マーク11へのオマージュとして誕生したのがこのカーキ色のモデル。

見た目の詳細は違うが、

スペックはだいたい共通。

ムーブメントは違う。

40mmのケース径に10.8mmのケース厚。

カレンダー付き自動巻きムーブメントCal.35111は軟鉄製のインナーケースに入っている。

もちろん磁力の影響を受けにくくするため。

42時間のパワーリザーブを保持する。

ねじ込み式リューズなどが60mの防水性を保証する。

とにかくかっこいい。

このヴィンテージ感がたまらないという人がいるのがよくわかる気がする。