ルミノールの人気は衰えることはありません。

なんてたってパネライのフラッグシップモデルで、他のブランドには無いあの独特の時計感がありますから。

時計感なんて言葉はないですが、なんとなくわかってもらえると思います。

こっちでルミノールの良さや魅力、人気の理由について、力を込めて解説しているので良かったら一読あれ。

それ今日もルミノールについてやっぱり語りたいなとw

でも今日のルミノールは通常のモデルとは少し違います。

僕が好きなタイプのルミノール。

ルミノールは全部好きなんですが、

今日は18K、つまりゴールド製のルミノールを1本、僕が好きなモデル一つだけ挙げたいと思う。

ゴールドはゴールドでも、ホワイトゴールド以外のゴールド。

レッドゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドが僕は大好きで、

これらの素材を使用したスイスの腕時計には割と目がない。

今日はその中でもイエローゴールドのモデル。

パネライには珍しいやつですね。

ルミノールマリーナ イエローゴールド 44mm PAM00140

PAM00140イエローゴールドルミノール



これはもはや生産を終了しているイエローゴールドのルミノール。

イエローゴールドはパネライでは結構珍しい素材。

たいていはオロロッソと呼ばれるレッドゴールドやオロローザと呼ばれるピンクゴールドが使用されています。

イエローゴールド素材をケースに使用したルミノールは結構新鮮。

ロレックスのじゃらじゃらイエローゴールドデイトナもそうですが、

なかなか悪い男が演出できそうな派手な1本だと思う。

しかもそれが全然いやらしさがない。

パネライの時計はだいたいにブレスレットタイプではなく、

レザーストラップ、革ベルトを装備するケースが多いので、そういった面でもイエローゴールドのじゃらじゃら感や、いやらしさを緩和できると思う。

とくにこの珍しいイエローゴールドのルミノールだと、レザーストラップは赤系か茶系が似合うと思います。

もしくは濃いめの青系、ネイビーなんかも悪くない気がする。

44mmの18Kルミノールの重さは?

このモデル、イエローゴールドで、大きさが44mm、そして裏蓋がシースルーじゃないので、

金の使用量が多いので、時計の重さが約200グラムあります。

これ非常に重い。

この重さは、そうですね、モノに換算すると、、、

200グラムのステーキでしょうか?

まあ当たり前なんですけどねw

ステーキ200グラムパネライ

このステーキ肉が1枚200グラムですから、

この肉を腕に巻いて歩いているのと同じ感覚でしょうか?

それにしてもブレスレットタイプではないのにこの重さはすごい。

重心が全部ケースに集まっている感じでしょうね。

しかもデカ厚なので、重心が高い、、、と思いきや、ゴールドの比重はステンレスに比べて重いので、

上部はサファイアクリスタルなので、重心は意外と低くなりそう。

44mmという大きさも安定度に寄与していると思う。

ステンレスモデルと比べても装着感は高いかもしれません。

ただ重いのは重い。

重たい時計が苦手なら確実にこの時計は候補から外すべきですが、ルミノールのゴールドの重みは一度感じてみたいものです。

カーボン文字盤

PAM00140イエローゴールドルミノール

カーボン素材を使用した文字盤であることは一目瞭然。

カーボンといえばレーシングの世界で使用される軽量な素材。

軽くて強度のある素材として現代ではレーシングのみならず、宇宙産業などでも盛んに使用されています。

もちろん少しだけコストはかかるんですが、カーボンを文字盤に使用しているのはなかなかにくい。

カーボン素材の柄はクル・ド・パリの模様にも少しだけ似ている気がする。

まあちょっと違うんですけどね。

でもかっこいい。

サンドイッチじゃないインデックス

PAM00140イエローゴールドルミノール

パネライの文字盤はサンドイッチ文字盤といって夜光塗料を塗った一面を文字盤で挟んでいます。

インデックスの『6・9』がひっついていないのはそのためです。

よく見ると、線の端が線にくっついていない。

この手の文字盤をサンドイッチ文字盤、サンドウィッチ文字盤というんですが、

逆に6と9で引っ付いているのがたまにあるんですが、そのタイプはサンドイッチ文字盤ではありません。

このカーボン素材の文字盤はサンドイッチ文字盤にするにはちょっと手間がかかるからでしょうが、

インデックスはアプライド方式に変わっています。

文字盤に穴をあけて棒状のものがついたインデックスを穴に通して固定する方法で、立体感があるのが特徴的です。

ポン付けじゃないんですね。

逆にカーボン文字盤でサンドイッチならどう言う風に見えるのかちょっと興味がありますが。

まとめ

PAM00140イエローゴールドルミノール

こうしてみると本当にいやらしさがまるでない。

イエローゴールドなのに普通につけれるのはこの色の革ベルトとの印象がすごくよいからでしょうね。

カーボン素材の文字盤も遠目で見るととても良い柄になります。