ブルヘッドと呼ばれる不思議な時計をご存知ですか?

1969年は激動の年でした。

アポロ11号が月面着陸を成し遂げた年。

それを境にスピードマスターはムーンウォッチの称号を獲得し、

時計メーカーは世界初の自動巻きのクロノグラフを開発したし、

ムーンウォッチとなったスピードマスターを生んだオメガはブルヘッドと呼ばれる、

ケースを90度回転させた腕時計を生み出すし、

時計界にとって1969年はかなり大きくチェンジの起きた年となった。

初代ブルヘッドシーマスター

これが初代ブルヘッド。

シーマスターブルヘッド呼ばれるモデルだ。

1969年に誕生したとは思えないデザイン。

ファンキーでレトロで、天才の仕業だ。

リューズやプッシャーなどの調整ボタンなどが左右じゃなくて、

上下についている。

なんてこったーーー!

ケースを90度、左に回転させて生み出した混乱を招く腕時計に仕上げられているw

Cal.930

当時搭載されていたムーブメントは手巻き式のCal.930というムーブメント。

90度旋回しているだけだから、機能自体は複雑ではないと思われる。

225.12.43.50.04.001ブルヘッドシーマスター



そして月日が流れること44年。

これが現代によみがえった復刻版。

忠実に再現したモデルではありませんが、

90度旋回したスタイルを継承した、れっきとした復刻版。

機能的に特筆すべき特徴というのはあまりありませんが、

この時計の特徴はオリジナルモデルを含めて、

ファンキーなところ。

新しいモデルも文字盤がカジノのルーレットっぽい。

これはインナータキメーターに24時間表記のデイ&ナイトのデザインが施されているため。

現代によみがえったファンキーモンキーな腕時計だ。

現代の復刻版は当時の手巻きムーブメントではなく、

コーアクシャルを載せたフレデリックピゲ製ムーブメントベースのキャリバーを心臓部に持つ。

クロノグラフもカム式ではなくコラムホイール。

高級志向な腕時計に進化している。

ここ最近オメガは価格だけでなく、

技術と中身をともに向上させて高級路線を狙っている。




このブルヘッドの復刻シリーズには3本ほどバリエーションが存在する。

その2本目となるのはこれ。

ペルラージュ模様とよばれる、

ゴルフボールの表面みたいな加工がしてある文字盤が特徴的な1本。

インナータキメーターには60分インデックスと呼ばれる、

通常の1~12までのインデックスとは違い、

5分おきに60までの数字が並んでいる。

赤いカウンター秒針がアクセントになったスポーティなモデル。

ダイバーズウォッチというよりレーシングクロノグラフに近いデザイン。


225.12.43.50.01.001ブルヘッドシーマスター



次は最後の3本目。

クル・ド・パリとよばれるパリの石畳をイメージしたという有名な模様がありますが、

それの凸じゃなく凹バージョンがこの文字盤。

このモデルは文字盤とインナータキメーターが同じ色になっていて、

インデックスも通常のタイプに戻っている。

これもレーシングウォッチっぽい。


総じて3本、ダイバーズウォッチには見えないw

もともとのオリジナルのデザインがファンキーで面白いデザインなので現代版もそういう感じ。

  • ケース直径: 43mm
  • ケース厚: mm
  • ムーブメント: 自動巻きCal.3113
  • パワーリザーブ: 52時間
  • ケース素材: ステンレス
  • 防水性: 150m

という感じで3本とも同じスペックを持っているわけですが、

それぞれ世界限定669本で販売されたモデル。

誕生したのが2013年なので、もう新品はないかもしれない。

とにかく最初は驚きを隠せないモデルで、

他とはほとんど被る可能性の低い腕時計だということが言える。

限定品というのもあるのですが、

そのスタイル故に非常に物珍しさもある。

変わった機械時計が欲しいという人にはおすすめです。

なんてたって3層構造のコーアクシャルがはいっているんですから。

メンテナンス性も抜群だ。