スイスの高級時計にはスモールセコンドと呼ばれる秒針を専門に表示するインダイヤルが存在する。

通常掛け時計や目覚まし時計では文字盤(呼べるのかな?)の中心から時針、分針、秒針が同軸上にあって動いている。

しかし腕時計の場合は特にクロノグラフの機構がついたモデルの場合は、

中心の通常ある秒針はクロノグラフの計測針であることが多く、

秒をカウントするスモールセコンドと呼ばれる機能は文字盤の別軸上にある。

IWCGSTクロノ

中古 IWC GSTクロノ IWCforPRADA SS 自動巻 時計 2000本限定 銀蔵
高級時計メーカーIWC社と高級イタリアンファッションのプラダ社のコラボレーションモデルの世界2000本限定…

こんな感じ。

9時位置にあるインダイヤルがスモールセコンドだ。

このGSTクロノはIWCとポルシェデザインのパートナーシップが解消されたことを機に登場したクロノグラフで、

いかにもIWCらしい綺麗目なデザインだ。

GSTプラダ

中古 IWC GSTクロノ IWCforPRADA SS 自動巻 時計 2000本限定 銀蔵
高級時計メーカーIWC社と高級イタリアンファッションのプラダ社のコラボレーションモデルの世界2000本限定…

48回払いまで無金利 IWC GSTクロノ プラダ IW370801 中古 メンズ 腕時計
IWC GSTクロノ プラダ IW370801 ステンレススティール/SS グレー/Gray 自動巻き/Self-Winding 個別コード…

このモデルは、

なんとプラダとのコラボモデル。

2003年のヨット選手権、

『アメリカズカップ』

のプラダの参戦を記念してコラボしたモデルがこれ。

どこか懐かしい感じのするデザイン。

個人的にはデイトナの手巻きモデルにも似ていると感じるのですが、

僕だけだろうか?

ちょっと古い感じの見た目。

赤のカウンター秒針がアクセントになってはいるものの、

レトロな風合いでパンダ文字盤が良い感じだ。

プラダのパンダというわけ。

うまくはないかw

しかしこのプラダのロゴが、

スモールセコンドをつぶした形になっている。

IWCとプラダのコラボを主張するあまり、

機能が一つなくなった感じなった。

通常のGSTクロノはダイヤル外周にインナータキメーターを幅広くとっており、

インデックス自体はより小さな内径に配置されている。

その分12時位置にも昔風の筆記体のロゴをデザインすることが出来たが、

プラダモデルではガラリと文字盤のデザインを変更している。

全く別の腕時計のようにも見える。

  • ケース直径: 40mm
  • ケース厚: 14.5mm
  • ムーブメント: 自動巻き
  • パワーリザーブ: 時間
  • ケース素材: ステンレス
  • 防水性: 120m

スペックはこんな感じだ。

防水性が現代のポルトギーゼもよりも高い。

まあ僕は防水性は30mくらいあれば良いと思っているので、

その辺はあまり気にしないのですが、

着用して泳ぐことも可能だ。

でもお勧めはしないw

この感じ。

動画で見るとやっぱりかっこいい。

使い込んである感じは出ているものの、

このレトロな雰囲気がやっぱりかっちょいい。

プラダはこれまでもLGとコラボしてプラダフォンを登場させていたが、

その前にはIWCとコラボしていたんですな。

なかなかうまいやり方だ。

しかも時計にしっかりとプラダの高級な雰囲気も漂っている。

世界限定2000本の限定品で、

今は中古品しか出回っていないが、

どれも50万円を切る個体ばかり。

割と手が出しやすい価格帯だ。

中古 IWC GSTクロノ IWCforPRADA SS 自動巻 時計 2000本限定 銀蔵
高級時計メーカーIWC社と高級イタリアンファッションのプラダ社のコラボレーションモデルの世界2000本限定…

48回払いまで無金利 IWC GSTクロノ プラダ IW370801 中古 メンズ 腕時計
IWC GSTクロノ プラダ IW370801 ステンレススティール/SS グレー/Gray 自動巻き/Self-Winding 個別コード…