復活したジャガールクルトのジオフィジックの新作モデル・トゥルーセコンド Ref.Q8018120、ユニバーサルタイム Ref.8108120

0
復活したジャガールクルトのジオフィジックの新作モデル・トゥルーセコンド Ref.Q8018120、ユニバーサルタイム Ref.8108120

2014年に復活を果たしたジャガールクルトのジオフィジックと呼ばれるモデル。

端正でシンプルできれいな顔立ちにペンシル型の針を携えているのが特徴的なシリーズ。

ジャガールクルトらしさ満点のシリーズですが、クロノメーター認定を受けて初登場した際にターゲットとなったのは科学者や何かの実験を行う正確無比な時間計測が必要な人々。

そんな思いが今でも詰め込まれたのがジオフィジックで、モデル名にもしっかりトゥルーセコンドの名前が刻まれたモデルが存在します。

ジオフィジック トゥルーセコンド Ref.Q8018120

ジオフィジック トゥルーセコンド Ref.Q8018120


このモデル。

実はこのシャープな顔立ちのジオフィジックは前からあるんですが、ジャガールクルトには珍しいステンレスブレスレットを標準装備したモデルが登場しました。

レザーストラップのモデルと比べるとまったく表情が違う。

このステンレスブレスレットはただのブレスレットじゃありません。

『インターチェンジャブルブレス』と呼ばれるこの新型ブレスは爪を押すとばね棒が引っ込む仕組みをしています。

ブレスレットの長さ自体も5ミリほど延長可能。

最近こういった時計の機能以外で利便性を高めた腕時計が多いですが、ジャガーさんもついにステンレスブレスレットで便利な機能を搭載してきました。

ということ、ジャガールクルトのなかでもマニアックなシリーズのジオフィジックですが、バリエーションが増やされて存在感が増してきています。

ジオフィジック ユニバーサルタイム Ref.8108120

ジオフィジック ユニバーサルタイム Ref.8108120


そして2本目の新作ジオフィジックはこのワールドタイマーが搭載されたモデル。

ベースとなっているのは上記でお話ししたジオフィジックのトゥルーセコンド。

トゥルーセコンドに搭載さ入れているムーブメントをベースに世界の時刻表示が出来る機構を追加したのがこのモデル。

リューズ一つですべての時刻などの調整が可能なムーブメント屋さんジャガールクルトならでは技術が詰め込まれた1本。

青くラッカー仕上げされた綺麗なディスクが中央に配置された美しいスタイルはジャガールクルトの落ち着いたデザインそのもの。

24時間表示に加え、デイ&ナイトも容易に目視できるように色も赤と青の2色で文字表記。

同じくインタチェンジャブルブレスの搭載で、レザーストラップなどへの交換が容易にできるようになっています。

マスターシリーズ、レベルソなどが有名なジャガールクルトですが、2014年になって復活したジオフィジックを知っている人は従来のモデルよりもこっちのマニアックなリバイバル作品に興味が惹かれるんじゃないでしょうか?

綺麗な顔立ちをしたシンプルで正確なモデルがジオフィジックですが、その遺伝子はいまもむかしも変わっていません。

関連性のある記事