パネライというブランドはロレックスやオメガに比べると、

圧倒的に知名度が低い。

なのでパネライを知っている人は、

自動的に、

時計好きか回りに時計好きがいる環境にある人だと思うんですが、

パネライには人を惹き付ける魅力と、

逆に、『なんだこりゃ』と人を遠ざけることがある。

IWCやランゲ&ゾーネなどの、

究極のドレスウォッチスタイルを持ったブランドにしか興味がない人には、

パネライの一見してなんだこりゃなカワデカウォッチは、

本当になんだこりゃで終わってしまいそうなほど、

デザインに差がある。

取り敢えずパネライというブランドを構成する、

2シリーズの腕時計のデザインについて軽く解説しようと思う。

デザイン



これはラジオミールと呼ばれるモデルで、

アンティーク系の古めかしさを感じる時計が好きな人にはたまらないモデル。

古さとは、

使用感で劣化・経年によって見られる状態の変化ですが、

デザイン的にいうと、

実用性が低かったり、

主流となっているスタイルを逆行したり、

当時流行った面影をそのまま残したりしている点。

ラジオミールにはそれが随所に見られます。

ワイヤーラグ、

ぶつけたらアウトなデカリューズ、

掛け時計のような文字盤。

これ以上は望めないような、

気持ちが良いくらいアンティーク感を漂わせるのが、

ラジオミールで、

ルミノールとは趣が微妙に違う。

ルミノールパネライ



これがルミノール。

これを読んでいる人はおそらくパネライが好き、

もしくは気になっている人だと思うので、

ラジオミールとルミノールの違いなんて、

もはや当の昔から知っておられるでしょうが、

一応軽く解説すると、

まずはリューズガードがあることと、

ケースラグが頑丈っぽく、

太くなっている点。

ラジオミールは、

以後、ケースラグが太くなるシリーズ、

ラジオミール 1940が登場するので、

リューズガードの有無だけで違いを判断しても良いのですが。。

とまあ、

これら2種類がパネライの主力モデルで、

サブマーシブルなどの、

ちょっと変わった派生モデルが存在するにしろ、

基本はこういう感じ。

両者デザインは似ている。

なのでどちらか一方は良くて、

もう一方はダメというようなことはあんまりない気がする。

パネライはかっこいいのか?

それで、

パネライはかっこいいのかどうかという点ですが、

パネライのかっこよさは、

そのシンプルさにあると思う。

ただドレスウォッチ的にシンプルなら、

それこそ他のブランドにいくらでもそういうのはあると思う。

ケースのサイズがまず大きく、

日本人のキャシャーンな腕には目一杯に広がる存在感が、

パネライの特徴。

その大きさは、

見慣れたアラビア数字のインデックスと、

棒状の時針、分針、あるいは秒針という、

簡素なデザインのおかげで、

しつこい印象を与えない。

それよりも、

高級な素材を使用して作り込まれているので、

シンプルなデザインの良さを最大限に活かしている。

言ってみれば新鮮な海の幸をそのまま食べる感じ。

違うかw

そこがパネライのかっこよさだと思う。

複雑性のないデザインと、

非常に大きな存在感、

両者が、腕に着用した時の全体像として、

絶妙な好バランスを醸し出している。

それが日本人の華奢な細い腕にも合うから不思議。

口では言い表せないパネライの良さは、

なぜか気になる、

なぜか好き、

といった現象を起こす。

パネライはダサいのか?

パネライはダサいという意見はよく聞きます。

実際パネライを良く思わない人も多いといえば多い。

差しさわりのないデザインではないということが伺えます。

パネライがダサいと言う理由は、

上記で述べた好きな理由としての要素が、

そもそも好きじゃないからということかなと。

アラビア数字のフォント、

でかすぎるケース、

クッションのような形状、

シンプル過ぎるデザインに、これだけの価格を支払うなんて馬鹿げてるという感じでしょうか。

言ってみれば、新鮮な海の幸が元々好きではないという感じ。

これは致し方ない。

僕の感想

パネライは簡素に見えて、

実はデザインの面で結構、逆の意味で冒険していると思う。

カッコよく見せようとしたデザイン感が垣間見えない時計は新しいアプローチだと思う。

新しいと言っても古い時計なんですが、

僕はこのパネライというデザインは、

個人的にはすごく好き。

初めて見た時には気になる程度だったんですが、

雑誌などで見かけるうちにいつの間にか、

欲しい時計候補に挙がっていたわけです。

僕がパネライが好きな理由は、

上で書いた通り。

その他には、、

シンプルな時計ゆえにいろんな色のレザーストラップが時計に合うという理由もある。

これだけ多色のレザーストラップを受け入れる時計は珍しい。

イタリアの時計だけあって、

やっぱり遊び心が満載なのだ。

存在感、

実は計算しつくされた文字盤のデザイン、

イタリアらしさとスイスの時計作り、

これらがすべて融合し、

五感に訴えかけている。

それらを感じて虜になるのがパネライなんだなと改めて思ったのです。