パネライの2種類のラインナップ、ラジオミールとルミノール、どちらが人気があるのでしょうか?

おそらく僕の感覚ではルミノールの方が一般的には普及している気がする。

どちらも似てるんですが、ラジオミールの方がデザインが古い感じ。

僕はルミノールよりもラジオミールの方がスタイルがシンプルな分、そっちの方が好きなんですが、

他にも好きな理由としてあのワイヤーループラグがあるんですが、

あの感じを残したままのラジオミールはステンレスじゃなくてもやっぱりヴィンテージ感が出ていておすすめ。

ゴールド製のラジオミールは特に最高ですね。

でも今日はゴールドではなく、セラミックのラジオミールを何本か挙げてみる。

ここ最近、僕は黒い腕時計が好きで、ウブロだとブラックマジックとか好きだし、

オメガとかもダークサイドオブザムーンなんかも好き。

陰があって視認性を無視しまくった時計が結構好きw

チェラミカのラジオミールも視認性は悪くないんですが、同じ系統なので結構好きですね。

セラミック素材ってのも良い。

触ってみるとステンレスと全然違うし、マットブラックが良しとされている時計や車の世界で、

セラミック素材はまさにそんな質感、素材感を出しているので、世界での評価も高いんじゃないでしょうか?

そういう感じなので、数少ないラジオミールのセラミック素材バージョンを何本か紹介したいと思います。

なぜかワイヤーループラグを見るとワクワクするワタクシ。

では、PAM00292から。

ラジオミールブラックシール セラミック 45mm PAM00292

ラジオミールブラックシール-セラミック-45mm-PAM00292



まずは45mmのラジオミール。

セラミック素材なので、やっぱり艶感のなさが良い。

マットな素材とラジオミールは抜群の組み合わせだ。

ブラックシールはラジオミールの3針を意味する。

ルミノールで言うとマリーナですね。

ムーブメントはCal.OP XI。

OP IIのちょっとした改良バージョン。

なので基本的なスペックは変わらず、パワーリザーブは56時間。

つまり手巻き式ですね。

ベースはETAを使用しているため、高価なムーブメントではありませんが、

不具合が出尽くしているため、故障などが少なく精度も高い良いムーブメント。

メンテナンスにも困らないでしょうね。

ラジオミール 8デイズ チェラミカ 45mm PAM00384

ラジオミール-8デイズ-チェラミカ-45mm-PAM00384



自社製ムーブメントCal.P.2002/3を使用した、これも手巻き式。

このモデルも45mmとパネライにしては中型ケース。

文字盤には8デイズのパワーリザーブインジケーターがデザインされ、

残りの稼働時間を知ることが出来る。

裏側についているのも好きなんですが、文字盤上で把握できるのは確かに便利。

巻き過ぎに注意できる。

日付表示もあるので、利便性は格段に向上しているラジオミールだ。

よりモダンに進化しています。

ラジオミール コンポジット 3デイズ 47mm PAM00504

ラジオミール-コンポジット-3デイズ-47mm-PAM00504-1024x1024



パネライコンポジットを使用したラジオミール。

アルミニウムから作られた合成セラミックをパネライコンポジットと呼ぶそうだ。

アルミニウムに電気科化学処理を行ったのちに、酸化させて出来た合成セラミック素材、

『ブラウン パネライコンポジット』は硬くて軽量。

同じセラミックでもマットなブラウンがマットブラックとはまったく違った雰囲気を出しているのが分かるでしょうか?

文字盤と比べると明らかに黒ではない。

ムーブメントには自社製のCal.P.3000を使用し、3日間という長いリザーブを誇ります。

あとCal.P.3000は手巻き式。

シンプルで非常に良い。

ラジオミール チェラミカ 45mm PAM00643

ラジオミール-チェラミカ-45mm-PAM00643-1024x1024



45mmの高級なラジオミール。

僕のお勧めでもあります。

文字盤にタペストリー柄が刻まれ、高級時計の仲間入りを果たしたかのような様相を見せています。

タペストリー文字盤はオーデマピゲの十八番かと思いきや、パネライでもいい味出しています。

古典的なスタイルと古典的なケースが良く合っている感じ。

ムーブメントには、Cal.OP Xを使用しています。

56時間のパワーリザーブを持った手巻き式キャリバー。

緩急針にスワンネックを使用したCal.OP Iの改良版ですね。

標準でヌバック調のレザーストラップが装備されていますが、

このモデルは高級な艶ありのクロコストラップでも良いと思う。

ケースと文字盤が黒いのでレザーの色は何色でも良いと思う。

明るめの水色とかでもいいかもしれないですな。

パネライの時計は何色のストラップを着けても失敗することがない。

と、僕は思っています。

これほどいろいろな素材や色のストラップが似合うのは珍しい。

というかパネライしかないかなと思う。

うーむ、実物はもっとかっこいいですよ。

ラジオミールは断然このワイヤーるプラグがおすすめだ。