さてさて、パネライのモデルは2種類しかないのに、

いろいろ似すぎているからややこしい部分がいっぱいある。

知り合いにラジオミールを見せたところ、このルミノールかっこいいねという反応が返ってきたときは、

やっぱり似てるよなあと僕もつくづく見比べて思ってしまった。

無理もない、似てるんだもん。

文字盤の印象は全く同じですからね。

リューズガードうんぬんは最初はなかなか気づかない。

というので今日はいろいろあるラジオミールとルミノールのそれぞれのバージョンの違いを簡単に説明しようと思います。

本当に簡単なのであんまり覚える必要がありません。

覚えておくと役に立ちますよ。

じゃあルミノールから。

ルミノールマリーナとベースの違いは?

ベース
ルミノールベース-1024x640

マリーナ
ルミノールマリーナ-682x1024

上のがルミノールベース。

下のがルミノールマリーナ。

違いは、、、そう、スモールセコンドがあるか無いか。

マリーナが付いていると9時位置にスモールセコンドが付きます。

レフトハンドと呼ばれる右腕用のモデルの場合はスモールセコンドが3時位置に来ます。

これだけの違いなのだ。

ルミノールロゴのロゴとは?

ルミノールロゴ

6時位置にロゴが付いている。

たったこれだけなんですね。

ルミノール1950の『1950』とは?

ルミノールのモデル名についている1950の文字。

これもバージョンのようなものですね。

簡単に説明すると、、、

ルミノール1950
ルミノール1950

  • リューズガードに『 REG. T.M. 』という表記がある
  • 横から見た時に風防のふくらみがやや大きい
  • デイト機能付きの場合はサイクロップと呼ばれる拡大鏡がない

これらが1950の特徴。

リューズプロテクターを見れば一発でわかります。

ね、簡単でしょ?

これを覚えておくと割と便利なんですよね。

じゃあ次はラジオミール。

ブラックシールとは?

ブラックシールの意味は黒いアザラシ。

イタリア海軍潜水特殊部隊をそう呼ぶみたい。

ブラックシールは最初はPAM00183というモデルで登場し、

現在でもスモールセコンドがついたモデルをラジオミール ブラックシールと呼びます。

まあ呼ばないのもあるんですが、マリーナと同じ位置づけですかね。

PAM00183
pam00183



ラジオミール1940の『1940』とは?

ラジオミールのモデルにも、ルミノールと同様に4桁の数字が付いていることがある。

ルミノールでは1950ですが、ラジオミールでは1940。

これがあるとラジオミールのワイヤーループラグはワイヤーループじゃなくなる。

あとリューズの形も円錐から餅のような平べったいのに代わり、よりモダンなスタイルになっている。

ラジオミール1940
ラジオミール1940

ラジオミール(1940なし)
ラジオミール

こういう違いですね。

簡単に言うと、、、

ラジオミール1940

  • ラグがワイヤーじゃなくなる
  • リューズが円錐じゃなく、餅みたいな形になるw

という感じでラジオミールもいろいろと簡単に分類できます。

おさらいすると、

ルミノール

  • ルミノールマリーナはスモールセコンド付き
  • ルミノールロゴはロゴが6時位置にある
  • ルミノール1950
    • リューズプロテクターに『 REG. T.M. 』の刻印が彫ってある
    • 時計全体が横から見た時に立体的
    • 日付機能が付いている場合、拡大鏡が風防についていない

ラジオミール

  • ラジオミールブラックシールはスモールセコンド付き
  • ラジオミール1940
    • ラグが太くなり、ワイヤーループじゃなくなる
    • リューズが円錐から円盤みたいになる

という感じです。

まとめると覚えやすい。

高度でマニアックな内容じゃないですが、地味に役立つと思いますw