今回はまたコラボの話。

パネライのコラボ作品についてはこれまで本当にたくさん話してきましたが、

今日は僕がまだであったことのないコラボ作品について。

PAM00078と言ってわかる人は相当な変態マニアだと思います。

と、その前にこれまでパネライがコラボしてきた作品はこちらをどうぞ。

こういう感じで本当にたくさんのメーカーのムーブメントを借りたりしてレアなピースを作ってきたパネライ。

今日のコラボはオメガ。

すごいw

ロレックス、ジャガールクルト、ゼニス、そして次はオメガw

オメガの時計は結構安価で買えますが、ムーブメントなどはロレックスに引けを取らないほど優秀な機械をたくさん作っています。

有名なので言うとコーアクシャルムーブメントはオメガのみが生み出す機構で、

量産化することに成功した現在ではほぼすべての時計に採用しているほど。

まあとにかく自社製ムーブメントは精度が高いのになぜか安い。

ということで今日は、PAM00078。



パネライがすごくスポーティに進化している。

スピードマスターを主とするオメガですが、

基本はやっぱり実用性を重視したスポーツウォッチ。

オメガの遺伝子を確実に受け継いでいるラジオミールと言えます。

クッションケースの右上に位置するプッシャーや文字盤のデザインなどなど、

あとはラジオミールにはかなり珍しいタキメーター。

ルミノールにはもう少したくさんありますが、ラジオミールの搭載されたタキメーター付きベゼルというのはレアいです。

このモデル本当に通常のラジオミールにはないスポーツ性を備えています。

機能で言うと、このモデルはセコンドカウンターと呼ばれる、簡素ですが珍しい機構が搭載されている=ます。

クロノグラフの積算計がないバージョン。

秒数のみを計測するため仕組みはとても簡単ですが、あれば何かと便利でしょうね、この機能。

Cal.920

使用されているのはオメガのCal.920という手巻きムーブメント。

オメガは今ではコーアクシャル機構を搭載した自動巻きムーブメントをたくさん作っていますが、

過去のスピードマスターの流れなどから、現在でもレマニアベースの手巻きムーブメントをたっぷり使用しています。

そういうのからか、オメガは実は手巻きムーブメントにもこだわりを持っている。

スピードマスターで月に行ったモデルは自動巻きじゃあありませんからね、

伝統を重んじた結果、現在でもスピードマスタープロフェッショナルは手巻きなんですね。

それでこのCal.920、実はリザーブ時間が非常に短い。

40時間しかないのだ。

これはオメガらしいといえばオメガらしい。

オメガのムーブメントは精度がめちゃくちゃ高い代わりに、リザーブ時間が他社と比べてもかなり短いんです。

ここがオメガの弱点なんですが、この手巻きムーブメントの40時間というのはちょっと短すぎる。

ただ実用性を求めて買う腕時計じゃないので目をつむるしかありません。

それを含めてのヴィンテージコラボ時計ですからね。

それであってもやっぱり魅力的なんですよね、ヴィンテージ時計というのは。

あとパネライというのが非常に大きい。

pam00078ラジオミールオメガコラボ

pam00078ラジオミールオメガコラボ

ケースはホワイトゴールド製です。

なので販売当初は定価が300万円を超えていました。

今はどのくらいするかわかりませんが、あれば同じくらいはするでしょうね。

このラジオミールは世界限定75本のみ販売されたモデルなので、

数で言えばかなり少ないです。

なのでもはや日本でも手に入れるのは至難の業。

ロレックスやオメガ、パネライと日本市場をかなり重要視していて、

数が少ない限定品でも日本に結構入ってきているということも多いんですが、

あれば超ラッキーと言った感じです。

ケースサイズは42mm、重量は125グラム。

ブレスレットタイプではなく、革ベルトなんですが、ホワイトゴールドなのでやっぱり少し重いんですよね。

重さはだいたいブレスレットタイプのデイトナくらいでしょうか。

重厚感のあるのがゴールド素材で作ったモデルの特徴。

ただ42mmが47mmとかになるともっと格段に値段があがります。

47mmのプラチナとかホワイトゴールドだとすごいでしょうねw

ロレックスムーブを搭載したラジオミールPAM00021がそうだったんですけどね。

pam00078ラジオミールオメガコラボ

こうしてみるとやっぱりオメガのムーブメントだなとわかります。

これはCal.321と呼ばれるスピードマスターに入っている手巻きムーブメントなんですが、

非常によく似ている。

裏側のまとめ方がオメガらしい。

僕はこのレマニアベースで作った手巻きムーブメントが実は好きで、

密かにスピードマスターを愛好している。

もともとパネライの方が好きなんですが、オメガの手巻きというのはこういう人間にとっては、

夢のコラボなのかもしれませんが、実はそこまで惹かれているわけではありません。

まあ手に入らないというのもあるんですが、かっこいいんですが、

ラジオミールっぽくないという点が少し気になるわけです。

そもそもラジオミールとスポーツウォッチというのが難しい組み合わせなのかもしれません。

いや、悪くはないんですけどね、全然。