さて、今日は英語のレッスンから。

前はパネライがイタリアのブランドなので、イタリア語レッスンを少々やってみましたが、

これがなんともカッコよかった。

なにがかっこよかってイタリア語の単語の発音がいちいちかっこいいw

アッチャイオとかミリターレとかオロロッソとかチェラミカとかチタニオなどなど、

挙げたらきりがないのでイタリア語については今日はこれまでにしますが、

イタリア語の発音は妙に癖があってそれがまた良い。

さて、今日は最初に述べたように英語を少しだけ。

まずは三角形を英語で言うと?

トライアングル。

これは楽勝。

四角はスクエア。

五角形はペンタゴンで、六角形はヘキサゴン。

七角形はヘプタゴン、
八角形はオクタゴン、
九角形はナノゴン、

なかなか難しくなってきました。

十角形はデカゴン、
十一角形はヘンデカゴン、
十二角形はドデカゴン。

これはもはや笑うしかない。

なかなか多角形を英語で言うとなんとなく面白いといえば面白い。

ちなみに多角形は英語でポリゴンという。

僕たちがよくいうカクカクとしたグラフィックをポリゴンというのはそういうことだったんですね。

さて、勘のいい人ならこれでどんな話かすでにお分かりだと思いますが、

そう、今日は12角形のラジオミールの話。

僕は以前にも12角形のラジオミールについては何度か書いたことがあったんですが、

今日はそのうちの1モデルについて少しだけ掘り下げてみようかなと。

ラジオミール-3デイズ-アッチャイオ-PAM00685



このモデルはPAM00685と呼ばれる、2016年の新作。

世界限定1000本のみ販売されているモデルで、相方のブラウンダイヤルと同時に発売されました。

もう一本のほうの焼けたような薄茶色をしたモデルは大人気で、両者比べても確かに味があるのはブラウンダイヤルの方。

PAM00685(左) PAM00687(右)

ラジオミール-3デイズ-アッチャイオ-PAM00685-PAM00687

こっちのモデルは男性からの指示が非常に熱い。

ですが、今日はもう1本の黒文字盤の方についてなんですが、

このブラックダイヤルのラジオミール、実は同じモデルなんですが、大分お買い得なのです。

茶色い文字盤モデルの方ばかり注目され、価格差もみるみる開き、現在では両者の値段の差は20万円くらいになっています。

同じモデルで、すべてスペックは同じなのに、文字盤の色だけでこうも違うとは。

実際、僕もどちらが好きかといえばブラウンダイヤルの方が好きなんですが、そっちが売り切れになってブラックダイヤルの方しか残らなくても、

おそらく迷わず黒文字盤の方を買うと思う。

ご覧の通り非常にかっこいい。

この12角形のベゼル。

このベゼルが購入の決め手になるんじゃないでしょうか。

ところで、これは1939年/1940年に存在していたラジオミールのRef.3646と呼ばれるモデル。

このモデルを再現したのが今回のラジオミール PAM00685とPAM00687であることは明らか。

実はこれまでにパネライとロレックスの伝説のコラボモデルについて何度か話したことがあったのですが、

パネライがリシュモングループの傘下になる以前には、

ロレックスの手巻きムーブメントがこのRef.3646や、Ref.6152やRef.6154に搭載されたモデルが多数存在していた。

そういう意味でも今回の復刻で、ロレックスの手巻きムーブメントCal.618が搭載されていればこのモデルはさらに人気のある腕時計になっていたことでしょう。

おそらく200万円はする。

しかも限定生産になるだろうから300本ずつくらいの限定品かなと。

そうなると300万円近くするかな。

まあそうなると買えないからパネライの自社製手巻きムーブメントで良かったといえば良かった。

自動巻きにしないのもおそらくそういう理由でしょう。

とにかくはっきりいって文句なしにかっこいいこのラジオミールの復刻版。

ラジオミール-3デイズ-アッチャイオ-PAM00685

僕が思うに、ブラウンダイヤルのPAM00687の方が人気が高いのは、レザーストラップとの相性もあるんじゃないかなと思う。

黄色がかっている方PAM00687はその文字盤より濃い色のブラウンレザーストラップをしようしており、

もう一方のブラックダイヤルの方は茶色いレザーストラップとあまり相性が良くない。

それよりかは全く別の色のストラップ、青系とか赤系でコーディネートした方が黒い文字盤のパネライには合う気がします。

まあこの辺は個人の主観なのでなんとも断言はできませんが、黒文字盤の復刻ラジオミールと茶文字盤との価格差がひらいている今、

黒い文字盤のモデルの方は非常に買い得なわけです。

確かにカリスマ性があるのはブラウンダイヤルの方なんですが、20万円、30万円の価値の差があるとは思えない。

僕にはですが。。

僕だっらどっちか選べと言えばどっちでも良いw

このくらい値段に差がでるとやっぱり高い方を買うのは躊躇します。

ブラックダイヤル PAM00685


ブラウンダイヤル PAM00687