ラジオミールやルミノールは海の時計

パネライの腕時計は海の時計です。

そうは見えないんですが、ダイバーズウォッチとしてもマリーンウォッチとしても使用できる腕時計です。

これまたそうは見えないんですが、ほとんどのモデルが防水性100メートルを実現しているすごいやつばかりで、ただのデカ厚だと思っていた人は、ちょっとだけパネライを見直したんじゃないでしょうか?w

パネライはメインのモデルが2種類しかない珍しいブランドで、

ラジオミールとルミノール、あとはそれらの派生が存在するんですが、ほとんどはこの2シリーズのみです。

どちらも海の腕時計ですから、視認性がとても高く、ごついところは水圧にも耐えられそうでとても頼もしいです。

ラジオミールのワイヤーループラグは少々頼りないですがw

前回僕はラジオミールには青いダイヤルがとても良く似合うとお話ししましたが、パネライはそんな青いグラデーションダイヤルをベースにいろいろなバリエーションを増やしていたのです。

今日はそんなバリエーションを一挙に紹介したいと思います。

青いグラデーションダイヤルを使用したラジオミール1940たち

ラジオミール1940 3デイズ アッチャイオ – 47mm Ref.PAM00932

ラジオミール1940 3デイズ アッチャイオ – 47mm Ref.PAM00932


定価: 1,000,000円

このモデルは前回紹介したモデルです。

このブルーグラデーションモデルの中では唯一手巻きなのが特徴です。

あと一番大きい47ミリケースが使用されているのもこの1本のみですから、この中では一番マニア受けするタイプの1本ですかね。

ラジオミール1940 3デイズ オートマティック アッチャイオ – 42mm Ref.PAM00933

ラジオミール1940 3デイズ オートマティック アッチャイオ – 42mm Ref.PAM00933


定価: 1,120,000円

42ミリの自動巻きの3デイズ。

小ぶりなパネライが好きな人におすすめの、便利な自動巻きの1本。

実用性で言えばこの中で一番のモデルだと思います。

ブラックとブルーのグラデーションがきれいで、H.モーザーのヒュメダイヤルを連想させる魅惑的な1本です。

ラジオミール1940 3デイズ GMT オートマティック アッチャイオ – 45mm Ref.PAM00945

ラジオミール1940 3デイズ GMT オートマティック アッチャイオ – 45mm Ref.PAM00945


定価: 1,290,000円

3デイズのパワーリザーブモデルにGMT機能が追加されたモデル。

海外旅行などをする人向きの1本で、空の上で深海をエンジョイできるモデルです。

ラジオミール1940 3デイズ GMT パワーリザーブ オートマティック アッチャイオ – 45mm Ref.PAM00946

ラジオミール1940 3デイズ GMT パワーリザーブ オートマティック アッチャイオ – 45mm Ref.PAM00946


定価: 1,310,000円

パネライ特有の扇形のパワーリザーブインジケーターがGMTモデルに追加された1本。

いつの時代もパワーリザーブインジケーターのファンがいますから、これが決め手になる人もいると思います。

ラジオミール1940 3デイズ オートマティック オロロッソ – 45mm Ref.PAM00934

ラジオミール1940 3デイズ オートマティック オロロッソ – 45mm Ref.PAM00934


定価: 2,500,000円

そして、オロロッソと呼ばれるレッドゴールドの1本。

イタリア語でレッドゴールドを意味するオロロッソと深海のブルーグラデーションがなかなかの組み合わせ。

レッドゴールドモデルでは自動巻きの巻き上げローターも22Kが使用されており、ステンレスに比べると重いので、巻き上げ効率も良いんじゃないかなと思います。

ゴールドモデルはゴールド素材をローターに使用しているんですが、デメリットとしては防水性が50メートルなんですね。

その他のステンレスモデルはどれも100メートル防水です。

まとめ

まとめると、このグラデーションダイヤルは非常に良い。

病みつきになりそうなほどきれいな色合いをしています。

H.モーザーと言うブランドは、こういった感じで、外に向かって色が濃くなっていくグラデーションのダイヤルを多用するメーカーですが、

パネライのようなごつい腕時計にもとても良く似合っています。

海の腕時計だからということもあるでしょうが、妖艶な感じのダイヤルは人目を引き付ける何かを持っています。

とにかく美しい1本で、僕は47ミリの手巻きモデルがこの中では一番いいかなと思いました。

パネライの47ミリは一度味わうと癖になりますからね。