僕が最近べたぼれしているゼニスのエリートクラシック。

何で好きかというとドレスウォッチ好きの魂を揺さぶるようなデザインをしているからです。

そりゃあドレスウォッチにはかっちょいいモデルがたくさんあります。

シンプルなのが売りで、ドレッシーで高級感があって細部にまで作りこみを感じさせ、それでいて機能の少ない簡素で質素な良さを感じさせてくれるモデルはたくさんあるんですが、

僕好みのモデルをもう一種類発見してしまったわけです。

そうしてしまったという表現がふさわしい。

というのも、

機械時計なんだから高いじゃないかーーーー!! 少なくとも数十万するじゃないかーーー!!

ということだからです。

image by www.jw-oomiya.co.jp

ウルトラシンの代わりに登場したゼニスの新シリーズ、エリートクラシック 39mm Cal.エリート679・シルバー Ref.03.2290.679/01.C493、スモークブラック Ref.03.2290.679/26.C493、ブルー Ref.03.2290.679/51.C493・綺麗すぎる文字盤

エリート-クラシック-39mm-白文字盤-ローマンインデックス-Ref.03.2290.679/
11.C493

ずっと使える、一生使えるデザインのゼニスの腕時計、しかも安い・エリート クラシック 39mm 白文字盤 ローマンインデックス Ref.03.2290.679/11.C493

こういうやつです。

見てお分かりだと思いますが、中世ヨーロッパのような、妖艶で古典的な雰囲気を文字盤で表してはいるんですが、目新しさも感じさてくれて、

さらにはそのデザインが永久に続きそうなそんな予感をさせてくれる時代遅れにならなさそうなスタイルをしています。

僕は出かける前や後で腕時計以外のアクセサリーをつけたり外したりするのが嫌いなタイプで、いつもシンプルなアクセサリーを寝る時もシャワーを浴びるときもしておきたいタイプの人間なので、

こんな風にずっと使えて、TPOや時代を選びそうにない不変的なデザインをした腕時計が非常に大好き。

時計というかライフスタイルに合っている感じが好きなんですが、実際かなりやすく買えるという点でも僕はこのエリートクラシックをドレスウォッチ好きにごり押ししたいわけです。

そして、あるじゃないですか、僕のようにゴールドが好きな時計好きに用意された、18Kローズゴールド製のエリートクラシックが。。

エリート クラシック 39mm 18Kローズゴールド シルバー文字盤 Ref.18.2290.679/01.C498

エリート クラシック 39mm 18Kローズゴールド シルバー文字盤 Ref.18.2290.679/01.C498

ゼニス ZENITH エリート クラシック 18.2290.679/01.C498 【新品】 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ゼニス モデル:エリート クラシック 型番:18.2290.679/01.…

ゼニス ZENITH エリート クラシック 18.2290.679/01.C498 【新品】 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ゼニス モデル:エリート クラシック 型番:18.2290.679/01.…

エリート クラシック 39mm 18Kローズゴールド ブラウン文字盤 Ref.18.2290.679/18.C498

エリート クラシック 39mm 18Kローズゴールド ブラウン文字盤 Ref.18.2290.679/18.C498


こういう感じで2種類の文字盤で用意されています。

しかも例のごとく定価は110万円。

え?

ゴールドを使用していて、39ミリのケースサイズでこの値段は正直あり得ないぐらい安い。

しかもゼニスで、Cal.エリート679が入っている。

コストパフォーマンスで言うとオメガのスピマスくらい高い。

つまりお買い得感が半端ない。

こういったタイプのドレスウォッチの良いところはずっと使っていけるという点で、デザインに廃れがないから長い目で見るとコストパフォーマンスが高いと言えます。

僕が好きなコスパ。

その金額に見合った腕時計じゃないとやっぱりいくら良くても欲しくないわけです。

その点、フランク三浦とゼニスのエリートクラシック、

あとはロレックスのチェリーニシリーズはコスパが高くてなおかつ僕好みの腕時計ということで個人的にお勧め出来るやつたちですね。