揺れ動くブライトリング

ブライトリングがいろいろと変化しています。

これまでずっと独立系の時計ブランドとして存在していたブライトリングでしたが、2017年にはアメリカの投資ファンド、CVCキャピタルパートナーズの子会社として新たな経営体制でスタートしました。

2018年に誕生したブライトリングの新作は、これまでのモデルとはどこか雰囲気の違ったモデルが多く、ナビタイマー8などは少々違和感を覚えた人もいるんじゃないでしょうか?

ユイットアビエーション

とは言ってもナビタイマー8はブライトリングの過去の作品をベースとしているんですが、現代風にアレンジされているとも言えるんですね。

ちょっとこれまでのブライトリングと違うのは否めないですね。

というのも、ブライトリングは2017年から、新たなCEOにジョージカーン氏が就任しているので、その影響はかなり大きいと言えます。

ジョージカーンと言えば、それまではIWCのCEOでしたから、ブライトリングがこの先どういった方向に向かうのかが少々予想できます。

今回のナビタイマー8や、38ミリのナビタイマー1などを見ていると、IWCのシンプルでドレッシーなところがブライトリングの腕時計にも影響してきているなと言う印象を受けました。

もちろん、ブライトリングのこれまでの伝統を崩すことは出来ませんから、新たなバリエーションとしての誕生でしたが、ブランド全体、特にメインのモデルであるナビタイマーで大きな変化がみられるような予感がしました。

まあ、ナビタイマーの基本デザインはこれからもずっと同じでしょうから、ナビタイマーも含めその他のシリーズがどのようになるのか気になるところです。

こんな感じで、ナビタイマーシリーズにナビタイマー1と呼ばれる新たな派生シリーズが登場して、微妙な変化が加えられたモデルなどが出てくれば、懐かしくなるのが過去の作品です。

そう、オールドナビタイマーと呼ばれる80年代のモデルや、モンブリランなどの90年代のモデルが懐かしく感じる人がもっと多くなると思います。

実際すでにこれらの旧型のナビタイマーや派生モデルのモンブリランは年々価格が上昇してきており、機械式時計のブームのおかげもあると思いますが、経年によって個体が減少しているのでこのように価格が推移しているのだと思います。

おすすめのナビタイマー Ref.A13022

A13022

ブライトリング オールド ナビタイマー ステンレススチール レザー 自動巻き メンズ 時計 A13022 【中古】


ブライトリング BREITLING オールドナビタイマー スノーバーズ A13022 自動巻 ブラック文字盤 1000本限定 SS レザー メンズ腕時計 【中古】

そんな感じで、ブライトリングの歴史の中で独立起業からグループ企業の傘下になるという大きな変化があった2017年からは、メーカーの方向性も変わってくるんじゃないかなと思います。

前の章でもお話ししましたが、そうなるとやっぱりこれまでの人気作品、名作とまでは行きませんが、有名モデルの腕時計を手にしておきたいと思うんじゃないでしょうか?

僕個人的にはブライトリングでは過去のETAベースのムーブメントを載せたオールドナビタイマーや小ぶりに作られたモンブリランなどが好きで、現代の自社製ムーブメント化によってつくられたCal.01を載せた、ナビタイマー01よりも良いなと思っています。

今回紹介している有名な Ref.A13022もETA社製の7750を載せたクロノグラフなんですが、汎用ムーブメントと言っても歩度調整やクロノグラフがカム式であるといったこと以外大してデメリットになる点はないんですね。

ありふれて価値が下がっているくらい。

精度も別に悪くないし、幅広く使用されているので不具合も少ない。

50万円以下で買えるナビタイマーが多いのはこのような汎用の他社ムーブメントを載せているからなんですが、ブライトリングの名前とナビタイマーのデザインを考えれば50万円台以下で購入できるなら妥当かなと思います。

A13022

そしてなによりかっちょいい。

現代の自社製ムーブメントのナビタイマーは横目3つのクロノグラフですが、オールドナビタイマーなどは縦に3つのカウンターがレイアウトされているのでその辺も懐かしさを感じる要因の一つ。

確かにナビタイマー01に搭載されているCal.01の性能はすごいんですけどね。

こちらの記事でも紹介していますが、自社製ムーブメントのCal.01はすごいところが多いので、ナビタイマー01やナビタイマー1 B01などもかなりお勧めなんですけどね。

まとめ

最新のものが欲しいという人もいれば、新しいものであふれかえると、逆に古いものが欲しくなったりします。

ブライトリングの体制が新たになり、これからブランドがどんどん進化していくことを考えると、これまでの古いナビタイマーなどに愛着がわいてくるようになります。

実際今のナビタイマーはどんどん大型化していて、80年代や90年代に登場したナビタイマーは38ミリや40みりで、今じゃそれくらいのサイズ感のナビタイマーが懐かしく感じます。

これまで20万円台で買えていたモデルが30万円台になっていますからね。

40万円台、50万円台と価格が上昇していくことでしょう。

とは言ってもそれでも安いほうだと言えます。

汎用ムーブメントを搭載したナビタイマーの良いところは、価格帯の低さからも、安定性の高い7750であることからも、手軽に使用できるというところなんじゃないでしょうかね。

ブライトリング オールド ナビタイマー ステンレススチール レザー 自動巻き メンズ 時計 A13022 【中古】


ブライトリング BREITLING オールドナビタイマー スノーバーズ A13022 自動巻 ブラック文字盤 1000本限定 SS レザー メンズ腕時計 【中古】