2018年のタグホイヤーは前年の2017年を完全凌駕していると言えます。

2017年に登場したカレラクロノグラフにはホイヤー01と呼ばれるシースルーの文字盤を使用したモデルが登場しましたが、

出ました、出ましたよーー2018年も。

なんてたって、カレラが登場してから55周年という年月がたったわけですから、そりゃあ5という節目にアニバーサリーモデルを出さなくてどうする!

という感じw

オメガもそうなんですね。

5年という節目でスピマスとアポロ計画のアニバーサリーモデルを出すわけですが、タグさんも2018年はカレラよりの新作モデル展開を行ったように思います。

2018年のタグホイヤーの新作クロノグラフ・カレラ キャリバー16 ブラック x パンチングレザーストラップ Ref.CV201AP.FC6429、ブルー x ブレスレット Ref.CV201AR.BA0715

こちらの記事で2018年の新作カレラ キャリバー16について書いてるので良ければ参考にどうぞ。

カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ GMT ラバーストラップ Ref.CBG2A1Z.FT6157

カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ GMT ラバーストラップ Ref.CBG2A1Z.FT6157


というわけでこのモデルが今日のカレラ。

もちろん2018年の新作です。

2017年もシースルームーブメントのキャリバー01を載せた新作カレラが出ましたが、今作はGMTがついて登場です。

ロレックスの2018年の一番の目玉作品としてGMTマスターIIの新作を発表しましたが、タグホイヤーにとっても2018年はGMTが大きなキーワードとなりそうです。

カレラクロノグラフに青と黒のツートーンベゼルがセットされている珍しいタイプで、結構斬新です。

タグホイヤーらしい感じ。

クリスティアーノロナウドもすぐに買いそうな1本だ。

実際タグホイヤー好きのロナウドなら僕たちの手元に届く前にプレゼントされたりしていてもおかしくないw

世界のVIPはやっぱり違う。

カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ GMT SSブレスレット Ref.CBG2A1Z.BA0658

カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ GMT SSブレスレット Ref.CBG2A1Z.BA0658


そしてステンレスブレスのタイプがこれ。

ぼかぁこれがいいなあ。

ステンレスブレスになると更にロレックスのGMTマスターに似てくるw

ツートーンベゼルがロレックスの顔みたいなもんですからね、青と黒のツートーンなんてロレックスそのまんま。

ですがディテールやその他もちろんいろいろ違いますから瓜二つというわけじゃないですが、結構ロレックスのGMTマスターIIの雰囲気も味わえそうなモデルです。

というわけで2018年の新作カレラ。

GMTが搭載されてもシースルームーブメントはそのまま。

定価はラバーストラップが63万5000円ほどで、ブレスレットタイプが65万円。

あまり変わりません。

売値は50万円切るんじゃないかと勝手に予想している僕でした。

ではまた。