ホイヤー01。

これが好きな人は多いはず。

僕も好き。

何かといえば、、そう、あのスケスケのムーブメントのこと。

ホイヤーさん、5年かけたらしいです。

ホイヤー01

このムーブメント。

このキャリバーを使用したモデルが2017年にはたっぷり登場していますw

本当に多い。

マットな質感のセラミックを使用したタグホイヤーのシースルーな1本・カレラ ホイヤー01 クロノグラフ フルセラミック マット Ref.CAR2A91.BH0742

このモデルは僕のおぬぬめカレラですが`、43ミリのカレラにはたくさんのバリエーションが追加されています。

ということで、カレラの人気サイズ、43ミリでシースルームーブメントCal.ホイヤー01を搭載した新作について。

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ フルセラミック 43mm Ref.CAR2090.BH0729

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ フルセラミック 43mm Ref.CAR2090.BH0729



まずは1本目。

全身ブラックセラミックで出来ているクロノグラフで、赤いスパイスが良い感じでスポーティに見える1本です。

上記で紹介しているモデルと素材は同じセラミックですが、マットであるのとないのでは見せる表情も全然違う。

ケースサイズも違うし、赤い差し色がはいっているかいないかで全く違った腕時計であることがうかがえます。

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ 18Kピンクゴールド x ブラックPVDステンレス 43mm Ref.CAR205A.FT6087

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ 18Kピンクゴールド x ブラックPVDステンレス 43mm Ref.CAR205A.FT6087



2モデル目はピンクゴールドと黒いボディが合わさったモデルで、黒い部分はステンレスにPVD加工が施されたやつで、事実上はステンレスコンビ。

針とかインデックスもゴールドで、なかなかいいですよこれ。

何というか、ゴージャス。

ゴールドが好きならこれがいいですかね。

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ ブラウンセラミックベゼル 43mm Ref.CAR201U.FC6405

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ ブラウンセラミックベゼル 43mm Ref.CAR201U.FC6405



そして世にも珍しいブラウンのセラミックベゼルを載せたカレラ。

ケースはステンレスですが、最初チタンかなという感じがしました。

ブラウンのストラップは多いのになぜかブラウンの時計はあんまりない。

なんでだろう。

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ ブルーセラミックベゼル 43mm Ref.CAR201T.FC6406

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ ブルーセラミックベゼル 43mm Ref.CAR201T.FC6406



そして青いのがこれ。

青はやっぱりしっくりきます。

最近この色が多くのスイス時計で使用されていますが、最近フランク三浦の六号機でも青いマグナムモデルが登場し、すごい反響ですw

高級感がたしかにあったかな。

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ ブラックセラミックベゼル 43mm Ref.CAR201V.BA0766

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ ブラックセラミックベゼル 43mm Ref.CAR201V.BA0766



そして黒いベゼルのモデル。

このモデルはブレスレットタイプになっているやつですが、やっぱりオーソドックスでこれが一番人気があるでしょうね。

赤いモデルとかもあればいいと思うんですが、贅沢かな。

というわけでホイヤー01を載せたカレラクロノグラフの2017年の新作モデル。

なんだかモデル展開がオメガのスピードマスターっぽい。

バリエーションが増えるのはいいことですけどね。