ハリーウィンストンが生み出すクレイジーなコンプリケーション、世界限定10本・イストワールドゥトゥールビヨン8 グレー 51mm Ref.HCOMDT51WW003、オレンジ Ref.HCOMDT51WW004

0
ハリーウィンストンが生み出すクレイジーなコンプリケーション、世界限定10本・イストワールドゥトゥールビヨン8 グレー 51mm Ref.HCOMDT51WW003、オレンジ Ref.HCOMDT51WW004

ハリーのウィンちゃんはキングオブダイヤモンドと謳われるように、結婚と婚約とか、そういった一大イベントではやっぱりジュエリーがすごく人気です。

人気といってももちろん買えるのは富裕層が多いと思いますが、でも結婚には海外の何倍もお金をかける日本ではハリーのウィンちゃんもやっぱり人気だと思います。

日本では美容と結婚に掛けるお金というのが所得に対する割合では欧米よりもかなり高い。

だって名古屋の結婚式って数百万だぜ?

って、あれって本当なんでしょうか?

僕は名古屋っ子じゃないから目の当たりにしたこともないしわかんないんですが、名古屋の結婚式ならハリーのウィンちゃんも結構大活躍していると思います。

そんなハリーウィンストンですが、このブランドは1932年に始まった老舗といえるメーカーですが、ジュエリーとか宝石関係を主とするビジネス展開を広げていますが、腕時計にも結構本気で参入してきているのをご存知でしょうか?

しかも結構本気。

ドレス系や複雑機構系の腕時計を割と得意としていて、新作発表ではこれ系の腕時計をたくさん発表しています。

イストワール・ドゥ・トゥールビヨン 8 グレー 51mm Ref.HCOMDT51WW003

イストワール・ドゥ・トゥールビヨン 8 グレー 51mm Ref.HCOMDT51WW003


見てお分かりのように、やばいw

何がやばいって2つのトゥールビヨンが連結されたやつで、トゥールビヨン自体が姿勢差による誤差を平均化する装置なんですが、

その2つの平均を平均化するのがこの装置w

ディファレンシャルギアによって2つのトゥールビヨンをつないであります。

もはや何がどうなっているのかわからないw

部品点数が534個と、500を超える超絶ムーブメント。

これだけのものが入っているので、時計のケースサイズも実は50ミリを超える51ミリ。

あとは、スペックとしてパワーリザーブですが、約55時間という長さ。

同軸上のツインバレルで、トゥールビヨンもも動かさないといけないから大変ですが、55時間も確保してあります。

ゼンマイはフィリップス曲線およびジュネーブタイプのヒゲ持ち、

テンプは30度傾斜の可変慣性テンプなどなど、

なんとも難しい話ですが、時計マニアの皆さんならお分かりだと思います。

イストワール・ドゥ・トゥールビヨン 8 オレンジ 51mm Ref.HCOMDT51WW004

イストワール・ドゥ・トゥールビヨン 8 オレンジ 51mm Ref.HCOMDT51WW004


そして同じスペックをもつオレンジ色のモデル。

どちらも18Kホワイトゴールドのケースで、作られています。

ケースがゴールド、トゥールビヨンが2個。

そりゃあ高いですw

ただ、これらのモデルは各色世界限定10本しかつくられていない激レアなモデルなので、持ってるのはハリーのウィンちゃんと仲良しの富裕層の人たちでしょうね、おそらくw

関連性のある記事