ハリーのウィンちゃんはジュエリーとしてやはり有名ですが、腕時計としてもすごいということを前回お伝えしました。

ハリーウィンストンが生み出すクレイジーなコンプリケーション、世界限定10本・イストワールドゥトゥールビヨン8 グレー 51mm Ref.HCOMDT51WW003、オレンジ Ref.HCOMDT51WW004

こちらでハリーウィンストンが生み出すコンプリーケーションモデルについて書いているのでよければどうぞ。

というわけで、今日はハリーウィンストンの複雑時計についてではなく、どちらかというとデザインが複雑なドレス系のハリーウィンストンの新作について。

ハリーウィンストン オーシャン バイレトログラード Ref.OCEABI42WW002

ハリーウィンストン オーシャン バイレトログラード Ref.OCEABI42WW002



こういう新作。

ハリーのウィンちゃんの知り合いなら(知っている人w)、このレトログラードが同社を象徴する表示機構であることはご存知だとおもいますが、このモデルにもハリーウィンストンらしくシンメトリックにレトログラードが搭載されています。

弧を描いた後はスタート地点に瞬時に戻るという機能であるレトログラードが僕大好きですが、このゴージャスな1本もそれが文字盤からのぞけ、複雑時計なんじゃないかという錯覚をしてしまいます。

高級時計であることは変わりないんですが、さらに高級なスタイルを描いています。

ダイヤモンドやパール(文字盤)をしようしたかなりジュエリーとして高級な1本で、ベースとなっているホワイトゴールドケースは42ミリもありますからコンプリケーションモデルじゃなくてもかなり高額。

これとは違いますが、GENKINGさんもこういうのを愛用しています。

モデルで俳優のGENKINGさんが愛用する腕時計・ハリーウィンストン オーシャンクロノグラフ スリーレトログラード ダイヤ巻き Ref.400/MCRA44WL.MD/D3.1、シャネル J12 38mm Ref.H1422、カルティエ サントス ドゥモアゼル WG SM Ref.WF9003Y8

プロジェクト Z11 Ref.OCEABD42ZZ001

プロジェクト Z11 Ref.OCEABD42ZZ001



もう1本はこれ。

特殊な合金であるザリウムを使用したプロジェクトの11本目がこれ。

ステンレスよりも軽く耐食性の高い素材として腕時計に使用している。

文字盤が摩天楼を想起させるようにデザインされているのも、ハリーウィンストンがニューヨークを本拠地としているブランドだからでしょう。

このモデルはハリーウィンストンにしては安めの定価270万円ほど。

デザインだけで高額だとわかるコンテポラリーな腕時計といえます。

という感じでハリーウィンストンの2017年の新作でした。

いまさらなんですが、この年のモデルは各社やっぱりなかなか良かったですからね。