フランクミュラーの一歩も二歩も先を行くシリーズ、ヴァンガード ホワイトアウト Ref.V45SCDTACBC、ブラックアウト Ref.V45SCDTTTBRNRNR

0
フランクミュラーの一歩も二歩も先を行くシリーズ、ヴァンガード ホワイトアウト Ref.V45SCDTACBC、ブラックアウト Ref.V45SCDTTTBRNRNR

フランクミュラーというと、一番有名なのがロングアイランドとか、トノウカーベックスとか、カサブランカとかですが、

僕が一番好きなのはやっぱり、ヴァンガード。

一番雰囲気が出ているというか、これが今のフランクミュラーらしいという感じがしています。

さて、今日はそんなフランクミュラーのヴァンガードの中でも現代らしいなというモデルについて。

ヴァンガードという言葉自体が前衛的という意味なんですが、このシリーズがモダンで先に行っている感じを与えているのでこのヴァンガードという言葉自体もただ名付けられているだけというわけではなさそうです。

前衛的で他の一歩も二歩も前に行く先駆的な腕時計というのを見事に体現していると言えます。

ヴァンガード ホワイト Ref.V45SCDTACBC

ヴァンガード ホワイトアウト Ref.V45SCDTACBC

【新品】フランクミュラー V45SCDTACBC ヴァンガードグラシエ 自動巻
メーカ/ブランド:フランクミュラー 商品名:【新品】フランクミュラー V45SCDTACBC ヴァン…

【新品】フランクミュラー V45SCDTACBC ヴァンガード 自動巻
メーカ/ブランド:フランクミュラー 商品名:【新品】フランクミュラー V45SCDTACBC ヴァン…

例えばこのモデル。

全身が白く、ホワイトアウトと呼べる1本で、ベル&ロスのファントムほどではないですが、すべてが白く視認性に乏しいモデル。

そこは立体的なインデックスでかばーしてありますが、しかしこの前衛的な腕時計は視認性なんて考えていませんw

そこがヴァンガードなんですが、そしてそこがそこはかとなく魅力的なんです。

現代では時計としての意味をあえて持たせてない腕時計も多く、バーゼルワルドやSIHHなどで発表される新作では技術力を見せつけるという意味合いのものもかなり多い。

腕時計界は実用性を重んじる面と技術向上という面、風変りで面白いモノづくりという面などなどが現在では混在しており、ブランドステータスがあればそういうのがあっという間に売れてなくなっちゃいます。

フランクミュラーはそういう風に分析すると実用性よりも技術力や世に受ける変わったスタイルという方向性を持っていて、

僕たちが一般的に購入できるモデルは、少し風変りだけどハイステータスというのが多い。

当時としてはそれが新しかったんですが、今ではそれが定着しており、それをさらに現代風に解釈したのがヴァンガードという気がしています。

クストスやリシャールミルの腕時計が似たようなスタイルをしているのもそういうことなんじゃないかなと勝手に解釈している。

そうなるとこの全身白いホワイトなヴァンガードはコンテポラリーなデザインと言えそうですが、そこがフランクミュラーらしくて永久的に好かれそうではあります。

ヴァンガード ブラック Ref.V45SCDTTTBRNRNR

ヴァンガード ブラック Ref.V45SCDTTTBRNRNR

フランク・ミュラー FRANCK MULLER ヴァンガード V45SCDTTTBRNRNR 【新品】 時計 メンズ
[在庫あり] ●詳細● ●フランク・ミュラー モデル:ヴァンガード 型番:V45SCDTTTBRNRNR 保証:当店オリジナ…

そしてこれが真っ黒いモデル。

僕はこっちも好きです。

というかヴァンガード全部好きですw

このブラックアウトはかなり病みつきになりそうな1本で、そういう予感がするw

視認性は白よりも悪そうですが、その辺に愛を感じる1本ですw

というわけで今日は僕が大好きなヴァンガードですが、このシリーズはどんどん人気が出てくるんじゃないかなという気がしています。

というのも最初はとっつきにくいデザインでもあとあと気になって大好きになるというパターンがこれまでに僕にも僕以外で確認されたからですw

パネライの腕時計がそうだったし、あとはパテックフィリップのノーチラス、オーデマピゲのロイヤルオーク、あとはフランクミュラー全般。

実物をみたら本当にやられちゃいます、高級時計というのは。

フランクミュラーにするならぜひヴァンガードというシリーズをお店とかで実物を見てみると良いですよ。

関連性のある記事