4月になってバーゼルワールドの熱気は冷めましたが、気温はどんどん高くなっています。

熱中症にならないように水分はこビーンにとりましょう。

こまめねw

さて、僕流のしょうもない冗談はさておき、こんな暑い日は腕時計の話をしようじゃありませんか。

どんな腕時計について?

そりゃあ爽やかな腕時計についてです。

僕はカフェからの帰り、とても熱い気温の中、歩いている、汗ばむ腕を感じながら思ったのです。

せめて腕時計だけでも、さわやかなら。

とw

それで思ったのが爽やかな腕時計ってどんなだろう?

僕が今思いつくのはだいたい2モデルくらい。

どちらもロレックス。

というわけで今日はちょっと爽やかなロレックスについて。

ロレックス サブマリーナ コンビ Ref.116613LB

ロレックス サブマリーナ コンビ Ref.116613LB



このモデルなんですが、非常に爽やかじゃあありませんか。

なんてたって、青が使用してあります。

青が使われていれば否が応でも水の流れを連想させ、見るだけでも気持ちのいい清々しい気分にさせてくれます。

それに加えロレックスのサブマリーナコンビでは、いい具合にイエローゴールドもブレンドされている。

これがより爽やかなんですよね。

なんてたって、このイエローゴールドの輝きが小川のせせらぎが木漏れ日に反射してキラキラ輝いているように見えるから。

やばい、僕、詩人だw

ポエットだ、ポエットw

ポエマーじゃないですよ、ポエムを作る詩人は英語ではポエットです。

どや!!

それでもファイナルファンタジー5では吟遊詩人とかにはならないでしょうけどw

というわけで、このサブマリーナは価格帯も割と低めだしおすすめですよ。

なんてたってロレックスですから、価値が落ちない。

ロレックス デイトナ アイスブルー Ref.116506

ロレックス デイトナ アイスブルー Ref.116506



2本目はこれかな、やっぱり。

文字盤の水色がさらに爽やかで清々しいんですが、インダイヤルのリングとセラミックベゼル使用されている茶色と併せるとまるでチョコミントのアイスのようで、口の中が爽やかに感じそうな1本。

視覚や聴覚からの体感って結構重要で、日本には夏には風鈴の音を聞いて涼んだりするような風習がある。

なのであながち時計の見た目がこうだからと言ってバカには出来ないのが僕の意見。

プラチナを使ってるからケース素材やブレスレットがなんだか冷ややかな感じがするという点も見逃せなません。

という感じで2本ともロレックスなんですが、これは僕がロレックスが大大大好きだからという理由もあります。

木村拓哉さんも武豊さんも愛用するプラチナデイトナ。

ずっと使える時計ですから、500万円を超えたって奥さんだって許してくれるでしょうw

説得が難しいですが、スイカと風鈴で涼しさを体感させた後にでも懇願してみるのも悪くないでしょうw

いろいろセサミをすってみてくださいw

image by www.youtube.com