腕時計は見れば見るほど、好きなモデルが見つかると思います。

探せば探すほど自分に合ったモデルというのが直感的にわかります。

これだ!

というようなモデルが数百万円でなければいいんですが。。w

さていろいろ腕時計を見ていると、各社いろんな仕掛けをして特別感を出したり、これだ!と思わせるようなそのモデルにしかない仕様を盛り込んでいたり、いろいろ手間と工夫がみられるわけです。

たとえばベル&ロスの四角い新作モデルに面白いのがあります。

ベル&ロス BR 03-92 ホログラフ Ref.BR0392-HOR-BLC/SRB

ベル&ロス BR 03-92 ホログラフ Ref.BR0392-HOR-BLC/SRB

image by www.ethoswatches.com



こういうモデルなんですが、アラビア数字がインデックスに使われているモデルが多いベル&ロスですが、このモデルはそうではなくて、なかなか面白い表情を見せています。

針やインデックスにはバトンタイプをデザインしており、とてもグラフィカルなスタイルで文字盤を生み出しています。

この角ばってはいるんですが、コミカルでグラフィカルな針やインデックスはなかなかありませんから、とてもアイキャッチ的で、ベル&ロスの四角いケースともよく合う。

アラビア数字ではないのでかなり無機質な感じですが、この機械的なケースに機械的なフェイスがマッチするのは言うまでもありません。

さて、その42ミリ四方のケースなんですが、ステンレス素材を使用しているんですが、ケースの表面は小さなガラスビーズを高圧スプレーで吹き付けるというマイクロブラスト仕上げ。

しかもそれをマット仕上げしているという手の込みよう。

たんにステンレスを掘削しているだけじゃないんですよ、ベル&ロスは。

無機質でのっぺらぼうでぶっきらぼうではなく、逆にいろいろな工程をふんで作られた非常に繊細で手の込んだケースなんですね。

それに合わせられた文字盤というのが今回ちょっと面白いバトンインデックス、バトンハンズ、で、

それに赤い先端のセコンド針がすごくいいアクセントになってるんですね。

飛行機のコックピットの計器をイメージしたというらしいですが、このモデルはどちらかというと昔の車やバイクのメーターを思わせる雰囲気を持っています。

世代的には40代、50代、それか60代の若さ溢れる男性におすすめしたいですね。

あとバイカーにも似合いそう。

グローブの上から見える四角いクールなデザインの1本。

カラーリング的にはシンプルですが、レーシングっぽい一面が垣間見えるモデルといえるんじゃないかなと。

価格も定価が45万円くらいですから、販売価格は30万円台でしょう。

完全に趣味ウォッチですが男心をくすぐるポイントが随所に盛り込まれています。