ロレックスのイエローゴールドピンクゴールドを見分ける方法は簡単。

デイトナを例に挙げると、

Ref.116518LN イエローゴールド
116518LNデイトナイエローゴールド

これがイエローゴールド。

実際ゴールドといえばこのイエローゴールドが一般的な時計のカラー。

リファレンスもLNの前は8が付いている。

これはロレックスのリファレンスではイエローゴールドを意味する。

Ref.116515LN ピンクゴールド(エバーローズゴールド)
116515LNデイトナピンクゴールド

それでこれがピンクゴールド。

一目瞭然でイエローゴールドとは違う。

ピンクがかっていて、

赤みがあるイエローという感じ。

ロレックスのピンクゴールドはエバーローズゴールドと呼ばれ、

退色しにくい加工がしてある。

プラチナを通常のレッドゴールドに混ぜ、色が褪せにくい綺麗なピンクゴールドを生み出すことに成功した。

海水や汗に強い。

因みにリファレンスの最後が5になっているのはピンクゴールドの意味。

動画で比べるとわかりやすいかもしれない。

イエローゴールド

ピンクゴールド

こんな感じで全然違う。

ただピンクゴールドの方は角度や光によっては黄色がかった色を見せるがイエローゴールドほどではない。

こっちはピンクゴールド。

微妙にイエローにも見えるが、

イエローゴールドと比べると。。。

これがイエローゴールドで全然違う。

イエローゴールドはどんなところでもイエローであるのに対し、

ピンクゴールドはイエローがかった色合いを見せることもあるが、

やはり赤が少し入っていてイエローゴールドほどの派手さはない。

比べるとこんな感じでしょうか。

こういう感じ。

確かに個体で見ると難しい時がありますが、

何度かみるとすぐにわかるようになります。

ではでは。