スカイドゥエラーにステンレスモデルは2017年時点ではまだない。

確かにこれは結構残念。

スカイドゥエラーはロレックスにしては珍しい年次カレンダーを搭載した複雑機構モデルで、

純粋にこのモデルを楽しみたい人はかなり多いはず。

空の住人という意味のスカイドゥエラーは飛行機によく乗る人をターゲットにした感じだが、

ゴールドしかない展開だと手が出しにくい。

ましてや複雑機構が入っていると価格もウナギ並みに上る。

しかし2017年はコンビが登場した。

これはスカイドゥエラーファンが待ちに待った瞬間でもある。

デイトナやサブマリーナに比べればユーザーは限られるだろうが、

ロレックスなので絶対値が高い。

ステンレスとゴールドのコンビモデル、ロレゾールの需要はかなり高かったと思う。

欲を言えばコンビのみじゃなく、

ステンレスモデルも登場してくれればロレックスの、しかも年次カレンダーがついた安価なスカイドゥエラーが楽しめるというもんだ。

ただ、

コンビモデルは登場したものの、

ゴールドのみで売っていたスカイドゥエラーはロレックスにとっては高級ライン。

最初はユーザーもそのつもりで買ったはずだから、

今後ステンレスモデルを出すとスカイドゥエラーの位置づけが少し下がってしまう。

それをどうするかという点がまず気になる。

実はコンビモデルを登場させた時点でそういう懸念はあったかもしれない。

これはかつてメルセデスベンツが、

小型車やファミリーカー、SUVなどの車種も広く展開したことに似ている。

当時Aクラスの小型車が登場したときは非難炸裂だったそうだ。

高級車で売り出していたブランドだけにイメージも少し下がるという具合だ。

ただ高い技術を小型車にも応用してニッチな展開でサービスを広げていったのはやっぱり良いことだと思う。

スカイドゥエラーがあのままコンビも登場せずに300万円近い高値の花なら、

スカイドゥエラーの良さがあまり幅広く分かってもらえない可能性もある。

2012年に登場した新作ラインナップで、

2017年になった登場したコンビ。

5年かかっている。

僕は早くステンレスモデルが登場してくれればなと思っている。

しかももっと早く。

ロレックスの複雑機構をより安価に楽しみたい人が多いと思うので、

登場すれば選択肢にけっこう入ってくる気がする。

ロレックス スカイドゥエラー 326933 ブラック メンズ ROLEX (中古)
326933 ブラック スカイドゥエラー メンズ ROLEX ロレックス (中古)

ロレックス スカイドゥエラー/326934 中古 メンズ
商品ランク:A ブランド:ロレックス ROLEX 商品名:スカイドゥエラー SKY-DWELLER 型番:326934 素材(ケー…