お腹がすいたとき、

僕は真っ先にご飯と納豆とキムチを混ぜて食べます。

豆腐やみそ汁を足したり、ごはんが冷たいときは生卵をかけたりもします。

夕食以外はだいたいこういう食事。

なのでかなり健康的な食事をしている方だと思う。

パンは時々食べますが、

どうも食事としては味気なく、

ピザとか食べても満腹になっても満足はしない。

根っからごはん党なんでしょうね。

でも今日僕はパン党になります。

もちろんこの記事を書いている時だけ。

フランスパンをひいきしようと思う。

116568BRイエローゴールドデイトナ





いきなりですが、

このイエローゴールドデイトナ。

定価1000万円を超える。

その理由はケース素材のイエローゴールドということもあるんですが、

イエローゴールドだけなら300万円くらい。

その理由はバゲットダイヤにある。

バゲットダイヤと呼ばれる、

フランスパンのように縦長のダイヤモンドの粒。

ダイヤモンドの価値は重さにもあるんですが、

同じ重さ(カラット)でも、

1つで大きな塊の方が価値が高い。

それだけバゲットダイヤの良質な大粒を選ぶというのはコストがかかるのでしょう。



同じくこれもバゲットダイヤベゼルの1本。

ケース素材はホワイトゴールド。

こっちの方が値段は高い。

なぜか?

ホワイトゴールドはイエローゴールドやエバーローズゴールドよりも素材自体の価値が高いんですね。

なぜだかは詳しくわかりませんが、

75パーセントは3種類とも金で占めていて、

残りの25パーセントに何を配合するかでゴールドの色が決まります。

ロレックスのホワイトゴールドには銀やパラジウムなどが混ぜてある。

それがより効果になる原因なのかな?

ちなみに上のイエローゴールドモデルもこっちのホワイトゴールドモデルも、

インデックスにはダイヤモンドを使用している。

うーむ、お金がかかっている。

定価は両者1000万円越えです。

更にもう1本。

116576TBRプラチナデイトナ



これはプラチナ製のケース。

ケース素材としてはこれが一番高価。

さらに全面ダイヤモンドの文字盤。

パヴェダイヤモンドと呼ばれるヨーロッパの石畳のように敷き詰められたダイヤモンドの文字盤。

あとは4.5カラットのバゲットダイヤモンドのベゼル。

プラチナとパヴェとバゲットのダイヤモンドのコンボ。

そりゃあ定価1600万円しますw

これら3本とも定価は1000万円を超えるんですが、

プラチナのモデルを除いては1000万円以下で買えると思います。

買えると言っても高すぎるw

まあこれら3本は目の保養的なデイトナなので買っても普段使いことはまず出来ないでしょう。

防水性100メートルのスペックがちょっとだけ面白い腕時計だw

絶対水になんかつけませんよーーー!

なデイトナなのでした。