ロレックスの2018年の新作がだいたいどんなモデルか全体像が見えてきましたね。

このブログで何モデルかお伝えしましたが、今日はそのまとめ。

すべては紹介できませんが大まかな新作ロレックスについてみていきましょう。

GMTマスターII Ref.126710BLRO

126710BLRO

まずはこれ。

一番大々的に宣伝されたモデルが新型のGMTマスターIIなんじゃないでしょうか。

これまで現行モデルにはなかった赤青ベゼルの904LステンレスのGMTマスターIIですが、今回のバーゼルで新世代ムーブメントCal.3285が載せられリファレンスも新たにRef.126710BLROが与えられました。

これで世代交代した形なったわけですが、ブレスレットも3連から5連のジュビリーブレスに変更され、

さらにはケースサイドやラグの形状も少し変わり装着感が高級度が向上したとのこと。

僕もジュビリーブレスのファンなので今回の変更は大賛成。

GMTマスターII エバーローズゴールド Ref.126715CHNR

GMTマスターII エバーローズゴールド Ref.126715CHNR

そして同じくGMTマスターIIですが、これまでになかったエバーローズゴールド一色のモデルが登場しました。

全身ゴールドのGMTマスターIIはこれまでホワイトゴールドとイエローゴールドしかなかったので斬新。

ベゼルのツートーンも新たに見直された新色コンビ。

エバーローズゴールドの色合いと非常によく合う組み合わせだと言えます。

GMTマスターII コンビ エバーローズゴールドRef.126711CHNR

GMTマスターII コンビ エバーローズゴールドRef.126711CHNR

そしてこっちはそのコンビモデル。

ローズゴールドとステンレスのコンビモデルがGMTマスターIIにも追加されました。

これまでヨットマスターやデイトジャストくらいしかなかったんですが、エバーローズのロレゾールが増えてきているのでうれしい限り。

デイトナにもエバーローズゴールドとのコンビが近いうちに登場するんじゃないでしょうかね。

オイスターパーペチュアル コスモグラフナデイトナ Ref.116595RBOW

オイスターパーペチュアル-コスモグラフデイトナ-Ref.116595RBOW

そして目玉の一つのデイトナの新作。

エバーローズゴールドにレインボーベゼルがセットされたゴージャスなデイトナです。

定価およそ1000万円という高額なモデルですが、宝石やゴールドの質、なによりロレックスの機械や精度、そしてステータスを考えると決して高すぎる価格ではありません。

全身ゴールドのデイトナの購入を考えている人は資産として同モデルを選択肢にいれるのもありなんじゃないでしょうか?

シードゥエラー ディープシー Dブルー Ref.126660

2018年新作シードゥエラーディープシー-Dブルー-Ref.126660

そしてこちらも大きな目玉商品となりました。

見た目の変更点はほとんどないんですが、ディープシーのDブルーのこれまでのケースラグやケースサイドの形状が少し変わったモデル。

ブレスレットの幅も太くなってより強度が上がった。

ムーブメントも新世代のCal.3235が載せられ、新型ディープシーとして発表されました。

ダイバーズウォッチの旧極体であるシードゥエラーですからファンもかなり多く、今回の新作ロレックスの中でもかなり注目を集めた1モデルとなったんじゃないでしょうか。

デイトジャスト36 コンビ エバーローズゴールド Ref.126231

デイトジャスト36 コンビ エバーローズゴールド Ref.126231

そして次はデイトジャスト36の新作。

その他の新型スポーツロレックスと同じようにケースサイドやラグが少し変わりました。

見た目にはほとんど変更が見られませんが装着感などがアップしたみたい。

ムーブメントも新世代のデイト付きキャリバーCal.3235が搭載され、安定性や品質が向上したみたい。

イエローゴールドのコンビも同時に登場していて、両モデルからいろいろなバリエーションの文字盤が登場しています。

デイトジャスト31 ホワイトゴールド Ref.278289RBR

デイトジャスト31 ホワイトゴールド Ref.278289RBR

そして最後はレディースのデイトジャスト31の新作。

このモデルもケースの形状が少し変わり、新たにCal.2236が載せられたモデル。

ホワイトゴールドケースのモデルがメディアや公式ホームページで大々的に発表されていますが、もちろんイエローゴールドやエバーローズゴールドも存在します。

発売が待ち遠しいくらい綺麗なレディースデイトジャストだ。

というわけで2018年の新作ロレックスは見た目の変更はあまりありませんでしたが、エバーローズゴールドをより多用した感じのモデルが多かった感じです。

デザインやレイアウトをあまり変更しないロレックスのやり方が僕は好きですね。

大きくデザイン変更すると古いモデルが古く感じ、新世代ごとに腕時計を買わなくちゃいけなくなるからw

その点、ロレックスはいつまでたっても古いモデルも人気がありずっとスタイルが変わらないので一生使っていけるわけです。

そうなるとコスパも高いし、持っていてずっと価値も出てくる。

という感じですかね。

というわけで2018年の新作ロレックスのまとめでした。