ロレックスの腕時計を語るうえで絶対に忘れられないのがサブマリーナという絶対的な存在です。

ロレックスの腕時計はスポーツモデルを中心に世界的に爆発的な人気を得ていますが、その人気は主にデイトナとサブマリーナを中心に構成されています。

デイトナとサブマリーナは、お金が用意できても簡単には購入することが出来ないくらい人気で、有名な時計店にも新型デイトナは在庫がないことがほとんどです。

ロレックスのスポーツモデルはゴールドを使用したモデルよりも、ステンレス製のスポーツモデルが圧倒的に人気で、

デイトナをはじめ、サブマリーナ、GMTマスターII、シードゥエラーの人気はめちゃくちゃすごいです。

デイトジャストも地味に幅広く売れていて、世界中で人気のお手軽ドレスウォッチですが、ゴールドを使用したモデルよりもステンレス製の方がどうやら使い勝手が良いみたいです。

ですが、ゴールド素材を使用した腕時計も一定の人気があり、ロレックスのコンビモデルに関しては、ユーザーからの評価がとても高いわけです。

僕の知り合いのロレックスマニアの男性もコンビモデルならロレックスじゃないとダメという少々極端な人なんですが、それくらいイエローゴールドとステンレス素材を混ぜたロレゾールにご執心なんですね。

定価

このモデルの定価は、だいたいちょうど140万円くらいですかね。

サブマリーナのステンレスモデルの新品や未使用品が120万円くらいで売られているので、金を使用してこのくらいの定価はまずまずの価格なんじゃないでしょうか。

ですが、ロレックスに関しては定価を信用することが出来ませんから、油断なりませんw

新品価格

黒金サブマリーナの新品価格や未使用品価格はだいたい150万円弱と、定価とほぼ同じ。

若干のプレミアがついている感じですが、定価とほぼ同じくらいで買えるみたいです。

ステンレスサブの価格が120万円なので、ゴールドをベゼルとブレスコマに使用していて30万円弱のプラスならまずまずなんじゃないでしょうか。

定価+10万円弱くらいなら損した気分にはならないでしょう。

中古価格

このモデルの中古価格はですね、だいたい最安で130万円くらいです。

え?

そう、これがロレックス。

新品とあまり価格差がないわけです。

それだったら断然新品を買ったほうが良いと思うわけですが、それでも中古も新品もいつも在庫切れになるんですよね、ロレックスは。

ただ、コンビモデルはステンレスモデルとは事情が少々違って、人気もやや落ち着いているので、黒金モデルのサブなら在庫切れもステンレスモデルに比べると少ないと思われます。

買取価格

この辺は、状態にも寄るし、その時の相場にも寄るんですが、

最大でだいたい130万円くらいというところでしょうか?

新品未使用品で、保証書などの付属品などが全てそろっていこのくらいの価格でしょうから、状態の良いモノなら100万円~110万円という感じなんじゃないでしょうかね。

それにしても買取価格が新品価格とあまりかけ離れていないのはロレックスではよく起こることですが、高価買取してくれるみたいです。

まとめ

今回は大してまとめることはありませんが、ロレゾールサブマリーナの黒金モデルは定価、新品価格、中古価格、買取価格がどれも近い数値なので、やはりその人気はコンビモデルでも安定的に需要があるんだなという印象を受けました。

もちろん、ロレックスの相場は常に変動していて、金の相場とも関係してくるのがコンビモデルなので、この価格帯もすべて変動してくるでしょうから、一つに指標としてお考え下さい。

それにしても青金のサブマリーナの方が断然好きな僕ですが、黒金も見てると全然悪くない感じがしてきます。