エクスプローラーI好きの木村拓哉さん

世界をにぎわせた木村拓哉さんですが、何歳になってもめちゃくちゃかっこいい。

文字通り、誰もが認める日本のトップアイドルだったわけですが、トップクラスではなく本当にトップ。

キムタクのカッコよさは尋常じゃありませんでした。

特に工藤静香さんとの婚約発表の記者会見の動画は本当にかっこいいw

誰もが惚れた、そして失恋した瞬間でしたw

そんなキムタクはロレックスを愛用することでも有名ですが、彼が特に好きなのがエクスプローラーI。

ドラマでも歴代のエクスプローラーを着用しているのが確認されていますが、本人所有の私物だそうです。

当時まだ人気がなかったスポーツ系のエクスプローラーの4桁リファレンスのRef.1016はキムタクが着用したことで、一気に大ブームになりました。

それからはその後のモデルである5桁リファレンスもまた人気になっていき、スポーツモデルの人気を作った一人にも数えられるのが木村拓哉さんなんですね。

その後エクスプローラーIはロレックス独自の進化をしていき、ケースサイズも36ミリから39ミリへと巨大化しましたが、いまだに36ミリサイズの旧型モデルたちの人気の方が高いのは言うまでもありません。

エクスプローラーIの巻き上げはどう?

キムタクもドラマで着けてたかっこいいエクスプローラーIですが、パワーリザーブ40時間で止まるのは普通なの?

エクスプローラーIの最新2モデル、Ref.214270とRef.114270の最大稼働時間は48時間となっています。

しかし日常使用では最大限48時間巻き上げられるということばかりではなく、1日フルに使用したあとでも40時間くらいで止まってしまうことが多いのですが、これって普通なのでしょうか?

個体差によって時計はそれぞれ微妙に違うとは言いますが、外れモデルを引いてしまったのでしょうか?

いえいえ、48時間のパワーリザーブで40時間で止まるのはいたって正常です。

1日使用していたといっても、常に巻き上げが行われるわけではないですし、1日に何時間使用していたかにもよります。

時計を外して、自分で巻き上げる場合は別ですが、普段の日常使用で、40時間巻き上げられれば正常と言えるんじゃないでしょうかね。

フルに巻き上げるのは逆に通常使用では逆に難しいとも言えるかもしれません。

巻き上げ時間が心配になったら、一度手巻きで最大まで巻き上げて様子を見てみるのも一つの手ですかね。

まとめ

キムタクもドラマで着けてたかっこいいエクスプローラーIですが、パワーリザーブ40時間で止まるのは普通なの?

エクスプローラーIと言えば今では人気のロレックスのトップ5に入る売れ筋モデルと言えます。

デイトナやサブマリーナ、シードゥエラーの人気は不動ですが、GMTマスターIIやエクスプローラーIの人気も高いところで安定しています。

これも世界中のスターや著名人がロレックスを愛用していったからだと思います。

実はロレックスは今でこそめちゃくちゃ人気で、高額ですが、ちょっと前まではここまで高額ではなかったんですね。

デイトナだって新品で70万円くらいで買えてたし、サブマリーナに限っては30万円とかでした。

今のロレックス人気はロレックスの最高の時計作りが評価されて、有名人が挙って着用していった結果だと思います。

精度が高いロレックスは時間に正確でなければならないビジネスマンや有名人にとって、なくてはならないものでした。

それに加え、堅牢性も高く、頑丈で実用性も高いロレックスはだんだんと実力をつけていったわけです。

そんなわけですが、ロレックスは現在ではパワーリザーブも70時間と、3日に迫るロングリザーブを実現しています。

ほぼ3日もあるのに、それを謳わないところがロレックスらしいという感じ。

エクスプローラーIの現行モデルはまだ48時間のパワーリザーブしか搭載していませんが、比べると短い。

ですが48時間もあれば十分なんですけどね、僕としては。

ですが、今の現行モデルは2010年に登場していますら、次期モデルが出るのは2019年でも2020年でもおかしくないでしょう。

そうなればムーブメントは今のメインである70時間のもの以上のキャリバーが載せられるでしょうから、さらに実用性が高いエクスプローラーIとして発売当初から定価を上回ることが予想できます。

新型エクスプローラーIの発表が待ち遠しくなってきました。

Ref.214270


Ref.114270


Ref.1016


image by www.bobswatches.com