グッチについて最近いろいろ見ているので、どんな時計があるのか少しずつですが、分かってきました。

とは言ってもそこまで入念に調べつくしてというようなことはしませんが、このブランドもやはり個性を持っているのは確かなようだ。

新たなクリエイティブディレクターの意匠が際立つ2017年の新作グッチ・G-タイムレス ムーンフェイズ Ref.YA126328、G-タイムレス オートマティック GMT Ref.YA126332

こちらでも紹介している蜂とハートと星の腕時計。

実はクオーツ時計が多いグッチなんですが、自動巻きも中には紛れ込んでいます。

G-タイムレス スリム オートマティック Ref.YA126330

G-タイムレス スリム オートマティック Ref.YA126330

GUCCI (グッチ) 腕時計 YA126330 G-Timeless Automatic Silver Guilloche Dial レディース [並行輸入品]
1923年グッチオ・グッチ(Guccio・GUCCI)が高級皮革製品の店をフィレンツェに創業。 グッチのブランドコン…

GUCCI グッチ YA126330 G-Timeless メンズ メタル 腕時計 Automatic Silver Watch 正規品
GUCCI グッチ YA126330 G-Timeless メンズ メタル 腕時計 Automatic Silver Watch 正規品 仕様 | Hours, M…

このモデルは非常にグッチらしいインパクトを与えるモデルなんですが、グッチの時計を知っている人には物珍しさはないかもしれません。

星と蜂がインデックスに使用され、7のところはハートになっています。

これがグッチの最近の傾向なんですが、上記でお話ししたように、クオーツが多いなかでの自動巻きを搭載しているのがこのモデルなので、需要は結構あるかと思われます。

このシルバーブレットのような腕時計はグッチの救世主になってくれるんじゃないでしょうか。

なんてねw

コナンの見すぎですが、でもこのシンプルなシルバーグッチはなかなかいい。

これから夏になっていきますが、こういった感じのメッシュベルトは重宝するはずです。

1960年代に流行ったと言われるミラネーゼブレスと呼ばれるメッシュベルトですが、スイスの時計メーカーも結構使用しています。

IWCがそうだし、ドイツのユンハンスもそう。

結構じゃないかなw

まあでも僕はミラネーゼブレスが結構好きです。

レトロ感が出るのもいいし、オシャレですからね。

腕の毛は処理しておかないとこんなのしてられねーぜになってしまうw

このモデルは40ミリという男女が共に使用できるサイズで、デザイン的にどちらも使えそうなスタイルをしています。

おそらくこの時計はどちらも使用できるように最初からデザインされているのではないかと思われます。

ギョーシエダイヤルがやっぱりいいですよ、時計には。

腕時計には文字盤を作るうえでいろいろなタイプのダイヤルが存在しますが、僕はグランフーなどの焼き上げ文字盤やギョーシエなどの文字盤が一番好き。

ロイヤルオークとかのタペストリー文字盤も個性的でいいですけどね。

そういう感じで割とこだわりが見られるグッチの時計なんですが、自動巻きでもかなり価格が抑えられているのでそこがポイントですかね。

低価格で買えるグッチの自動巻きというのはかならずある一定の需要はあるでしょうね。

しかも知名度が半端ないですから。

GUCCI (グッチ) 腕時計 YA126330 G-Timeless Automatic Silver Guilloche Dial レディース [並行輸入品]
1923年グッチオ・グッチ(Guccio・GUCCI)が高級皮革製品の店をフィレンツェに創業。 グッチのブランドコン…

GUCCI グッチ YA126330 G-Timeless メンズ メタル 腕時計 Automatic Silver Watch 正規品
GUCCI グッチ YA126330 G-Timeless メンズ メタル 腕時計 Automatic Silver Watch 正規品 仕様 | Hours, M…