米倉涼子さんが愛用する腕時計

米倉涼子さんと言えば、高身長の女優であります。

実はすでに40歳を過ぎているんですが、いまだにすごく綺麗なのはやはりアジア人ならではの遺伝子のおかげでもありますw

やっぱり日本人の女性はすごく若い!

年齢不詳という人が結構いますw

40代でも20代後半と言ってもわからない人が結構います。

肌も綺麗ですからね、日本人女性は。

さてさて、今日はそんな感じで、米倉涼子さんの腕時計を紹介したいと思います。

クリスチャンディオール Ref.CD043120M001_0000

芸能人の腕時計、米倉涼子・クリスチャンディオール Ref.CD043120M001_0000・ダイヤモンド&シェル付きのコスパの高いレディースウォッチ



こういうモデルなんですが、クリスチャンディオールらしく、とても清楚な感じです。

まあスーパーブランドらしく、とてもきれいな印象を与えるシンプルな腕時計。

日本にもシチズンのクロスシーや、セイコーのルキアなどがありますが、やはり海外ブランドの腕時計の方がシンプルで味があって良い。

女性モデルの腕時計もやはりそういった傾向があります。

国産ブランドの腕時計は確かに実用性を重視してはいるんですが、デザインにどこか野暮ったさを感じることが少なくなく、ドレス系でシンプルな腕時計にもシャープでないインデックスや針を採用していて、どこかつり合いが取れないところがあったりします。

それに比べると、外国産の腕時計は全体で調和がとれていることが多く、テーマがシャープな腕時計なら、その全てのパーツがシャープにまとめられていることが前提となります。

その辺もまた車のデザインと似ているところであるわけですが、米倉さんが持っているクリスチャンディオールの腕時計もまた外国産の腕時計という印象を与えています。

このモデルは画像でもお分かりのように、インデックスとベゼルにダイヤモンドが使用された高価な品物。

のように見えますが、実は腕時計としては価格的には全然高額ではありません。

通常腕時計と言えば100万円くらいするのが相場になっていますが、クリスチャンディオールの腕時計でダイヤモンドがついていても、ムーブメントが機械式ではないので割と安く購入できます。

自動巻きや手巻きなどの機械は入っておらず、クオーツ式になっているので、とても使いやすいとも言えますね。

機械時計が好きな人には向かない腕時計ですが、その代わりダイヤモンドが腕時計の価値を上げているので、価格的のそあたりで相殺されている感じですかね。

レディースウォッチはだいたいそういった感じの腕時計が多いです。

宝石は使用されているけど、ムーブメントがクオーツなので、思ったより安いということ。

クリスチャンディオールは腕時計としてはあまり有名ではないので、知名度が下がる分価格も抑えられています。

なので、ダイヤモンドや文字盤に貝が使用されているのに、価格帯が低いのはそういった理由からなんですね。

まとめ

このモデルは米倉涼子さんがドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』で着用していた腕時計なんですが、クリスチャンディオールは女性に大人気のブランドですから、時計としての知名度は低いで、割と狙い目の1本なんじゃないかなと思います。

ディオールのようなスーパーブランドは腕時計としては少々マイナーです。

特に機械が入っていないモデルなら価格帯は想像以上に安い。

ダイヤモンドやシェルが使用されたモデルでも価格がすごく抑えてあるのでコスパは割と高いんじゃないかなと思います。

というわけで、米倉涼子さんの腕時計でした。