清水宏保さんのブライトリングはオールドナビタイマー?

1998年の長野オリンピックの金メダリスト、清水宏保さん。

当時僕もまだ子供でしたが、よく覚えています。

ものすごい筋量の太ももが印象的だったんですが、あのロケットスタートは確かにすごかった。

並大抵の練習量ではオリンピックは勝てませんが、身長162センチという小柄な体格ながら、世界を相手に戦う姿は確かに感動します。

それがオリンピックでよく見られるんですが、最近では日本のスキージャンプもまた盛り返しているようです。

陸上競技はまだ少しアジア勢は弱い気がしますが、ウィンタースポーツになると分がある気がします。

というわけで、今日は清水宏保さんの腕時計についてなんですが、ブライトリングを40万円で購入したということが知られていますが、どのモデルかははっきりしていません。

おそらくブライトリングのナビタイマーだろうということまでは分かっているんですが、リファレンスが分かりません。

と、ここで少し小話。

1974年生まれの清水宏保さんは、1998年の長野オリンピックで金メダルを取るまで全くモテなかったそうです。

金メダリストとしてテレビに出ることが多くなってからはとてもモテるようになったそうですが、それ以前はポルシェを買ったりブライトリングを買ったりしてモテを図ろうとしていましたが、失敗したそうです。

つまりブライトリングを購入したのは1998年以前で、そのころに登場していたナビタイマーと言えばいくつか絞り込まれると思います。

ナビタイマーにはヘリテージと呼ばれる派生モデルがありますが、誕生したのは2002年頃ですから、これは違います。

そこで考えられるのが、おそらく1952年に誕生した初代ナビタイマーのデザインを受け継ぐオールドナビタイマーと呼ばれる派生シリーズ。

1986年に誕生し、2003年まで現行ラインナップとしてナビタイマーの人気機種として存在していたやつなんですが、清水宏保さんが所有していたナビタイマーはおそらく3つ目のオールドナビタイマーなんじゃないかなと思います。

もちろん確証があるわけではありません。

ナビタイマーかどうかということも確かではありませんが、ブライトリングと言えば一番人気なのがナビタイマーで40万円くらいとすれば、オールドナビタイマーなんじゃないかなというくらい。

あくまでも予想ですからね。

まとめ

まず最初に思ったのが、ポルシェを買って自分を奮い立たせようとしたことがナイスアイディアだなと。

ご褒美というか、そういったものは結果に対して受け取るものだという固定観念がありますが、それを先にやってしまおうというところが素晴らしいと思いました。

実際に自分の欲しいものがそこにあると、頑張ろうという気も起きるし、やる気やモチベーションは最大の武器になるとも達川光男さんが言っていたように、清水宏保さんもそれをポルシェを買うことで実行していたんですね。

その目的がモテるためだったからかもしれませんが、それでも結果を残したところはやはりすごいと認めるしかありません。

僕も腕時計が好きだし、車も好きですから、その気持ちがすごくよく分かるんですよね。

モテたいしw

結局ポルシェやブライトリングを買ってもモテなかったそうなんですがw

とは言え、金メダルを取ることは才能と努力の両方がないといけませんから、やはりその辺はすごいなと思いました。

というわけで、清水宏保さんのブライトリングでしたが、これはあくまでも僕の予想ですw

さーせんw

ブライトリング オールド ナビタイマージャパンエディション メンズ腕時計 A132BJANP SS 黒文字盤 仕上げ済 美品


BREITLING ブライトリング オールドナビタイマー パトレイユ 1000本限定 メンズ 自動巻
BREITLING ブライトリング オールドナビタイマー パトレイユ 1000本限定 メンズ 自動巻

ブライトリング A13324/A132BJAKBA オールドナビタイマー・JAPAN LIMITED 自動巻
メーカ/ブランド:ブライトリング 商品名:ブライトリング A13324/A132BJAKBA オール…

48回払いまで無金利 ブライトリング オールドナビタイマー ジャパンエディション A132GJANP(A13324) 中古 メンズ 腕時計
■ブランド:BREITLING(ブライトリング) ■モデル名:オールドナビタイマー ジャパンエディション ■型番…

image by ja.wikipedia.org