木村拓哉さんが愛用する腕時計

そろそろ平成が終わります。

元号が2回変わる経験をしている僕たちは、日本の歴史の中でも貴重な体験なんじゃないでしょうか?

さて、そんなわけで、平成が終わるわけですが、平成をずっとトップで走ってきたアイドルはいったい誰でしょう?

と思って考えていると、やっぱりキムタクしかいません。

30年近く日本のアイドルとして突っ走ってきた絶対的な存在である木村拓哉さん以上の人はこれからもなかなか現れないんじゃないかなと思います。

ちまたではインフルエンサーと呼ばれる人々が多数存在しますが、これまでの日本の歴史で木村さんほど男女に影響を与えてきた人はいないし、これからなずっと現れないような気がします。

もちろん、テレビというメディアがインターネットで衰退気味にある昨今ですから、時代が良かったと言えばそうかもしれませんが、それもまた木村さんが持っていた運もやはり否定することは出来ません。

見た目の素晴らしさは言うまでもありませんが、ダンスや歌も人一倍上手でしたから、外見以外のことも努力していたキムタクはそこでもやはり評価されるべき人物なんじゃないかなと思います。

僕もキムタクに少なからず影響されていると思います。

というか、ロン毛にしようと思ったのもキムタクの影響が多大なんですけどねw

というわけでですね、今日は木村拓哉さんの腕時計をこれまで紹介してきたのをまとめてみようと思います。

ロレックス

デイトナの中でも一番高級な素材を使用して作ってある1本なんですが、プラチナを使用しているため、宝石を使っているモデルや過去のプレミアモデルなどを除いては一番高額なデイトナです。

ご存知木村拓哉さんとエクスプローラーI。

社会現象を巻き起こしたロレックスの1本で、みんなが憧れたシリーズがこのモデルなんですが、なにせ高額なので誰でもは買うことが出来ませんでした。

ブライトリング

CMで着用されていたナビタイマー。

何を付けても似合いますが、クロノグラフなどのスポーツ系はキムタクっぽいです。

オメガ

スピードマスターのデザインが好きなのか、いくつもスピマスを所有しているキムタク。

デザイン的にはヴィンテージ感があって、割と幅広い年齢層の男性から指示されている質実剛健なシリーズ。

クオリティのわりに価格設定が低めなので非常にコスパが高いのが特徴的なオメガ。

シーマスターに関してもそう。

高すぎる耐磁性能を誇るシーマスターをドラマ『ボディガード』で着用されていました。

ブレゲ

ブレゲのイメージとは少々違うダイバーズモデルのマリーン。

これはキムタクチョイスではなく、奥さんの工藤静香さんからプレゼントされた1本だそうで、女性受けが良いと思われる1本です。

ベル&ロス

こういった四角い腕時計もキムタクっぽい気がしますが、ミリタリーのような感じがするからでしょうか?

顔はドレス系なのにスポーツウォッチが好きなんですねw

ジェイコブ

芸能人やセレブが大好きなステータスウォッチ、ジェイコブ。

派手な腕時計が多いブランドですが、近年はアストロノミアなどの高級機械時計を発明するなど技術力も高いことで有名。

5タイムゾーンはセレブに愛用者が多いですね。

ブルガリ

これもなかなか珍しいタイプの腕時計。

あまり着用している人を見かけないブルガリのマグネシウム製の1本で軽くて使い勝手がよさそうな42ミリの1本。

クロノグラフ機能付きのスポーツモデル。

ベゼルにはセラミックを使用している、モダンな1本です。

まとめ

と、まあ僕が知っている限りではこういう感じです。

こうしてみて分かるのは木村拓哉さんは機械式時計のなかでもどうやらもっぱらスポーツウォッチが好きなようです。

顔は綺麗なドレスタイプなのに、腕時計はいつだってスポーツ系やミリタリー系のごつめのモデルが好きみたい。

そういったところが意外性があっていいんですが、服とかじゃないのでなかなかマネが出来ないところなんですよねw

なにせ腕時計は高額ですから。

特に芸能人がセレクトするものは非常に高い。

ロレックスのエクスプローラーIをドラマで着用しておられましたが、『明日買おう!』といってすぐに買える値段じゃありませんからね。

というわけで、木村拓哉さんの腕時計まとめでした。

image by number.bunshun.jp