アルプスをイメージした美しいビッグバン

先日テレビで、ヨーロッパでの電車の旅みたいなのを見ていました。

アルプス山脈を眺めながらフランスのパリへ行くというルートだったんだと思いますが、すでに12月になれば山も真っ白。

僕がオーストリアを訪れたときは、どこの山だったか忘れましたが、8月に雪が降っているところもありました。

南米でもないのに8月に雪が降るのはとても奇妙な感じでしたが、不思議な感覚にもなりました。

というわけで、今日のテーマはスイス、フランスにまたがるアルプス。

アルプスをテーマとしたウブロのビッグバンについて見てみたいと思います。

ビッグバン アルプス 45mm Ref.411.QK.7170.VR.ALP18

ビッグバン アルプス 45mm Ref.411.QK.7170.VR.ALP18

ウブロ ビッグバン ウニコ フロステッドカーボン 411.QK.7170.VR.ALP18 世界限定100本
素材 カーボン ランク N 機械 自動巻 ケースサイズ(mm) 45 付属品 ウブロ純正箱付き 国際保証書付き…

機械式時計の聖地と言えば言わずともご存知のスイス。

スイスではイタリア、ドイツ、フランスと国境をともにしているため、これらの3か国語が話されるわけですが、物価も高い国としても知られています。

スイスの機械式時計には、ドイツ語やフランス語、そしてイタリア語が入り混じっているのはそのためなんですね。

パネライは元々イタリアのフィレンツェで生まれたメーカーですが、後にスイスのリシュモングループの傘下になっていて、今でも『チェラミカ』や『アッチャイオ』などのような言葉がモデル名に入っているのをよく見かけます。

フランス語もドイツ語もそうですね。

現在若い男性に非常に熱い支持を得ているウブロも船の窓『舷窓』を意味するフランス語なんですが、こういう感じで見ていると腕時計の世界がもっと面白くなると思います。

話がそれてしまいましたが、今日はアルプスをテーマとしたモデルについて。

フロステッドカーボンと呼ばれる、霜が降りているような柄をしているカーボン素材の1本で、緑のような青のようななんだか不思議な色合いをしているダイヤルやストラップと合わせられています。

ビッグバン ワンクリック アルプス 39mm Ref.465.QK.7170.VR.1204.ALP18

ビッグバン ワンクリック アルプス 39mm Ref.465.QK.7170.VR.1204.ALP18


このビッグバンアルプスにはレディースモデルも用意され、39ミリと大きなケースなんですが、デカウォッチとして存在感を楽しむにはちょうど良い大きさなんじゃないでしょうか。

アルプス山脈が複数の国をまたぐようにどっしりとした大きな腕時計という印象もフロストカーボンで旨く表現されている気がします。

白くはないのに、見ているだけで涼しさを感じさせるカラーリングが素材の組み合わせはさすがウブロという感じ。

見せ方がうまい。

42個のスパークリングダイヤモンドを使用したゴージャスな仕様であるのもレディースモデルの特徴であります。

もこもこしたストラップというのかなんというのか、とても暖かそうで外でも手袋の上から着用したくなる1本だなと思いました。

まとめ

非常にタイムリーでした。

アルプスをテレビで見ると同時にしったこのウブロのアルプスモデル。

霜が降りたような綺麗なカーボン素材を使用していて、氷を連想させる色合いの文字盤やストラップをあわせた上手に仕上げた1本と呼べるモデルで、レディース用もあるのでペアウォッチとしてもいいんじゃないかなと言う感じ。

ウブロだしやっぱり高額なんですが、デザイン的にはちょっと新しい感じがして季節に合わせて腕時計も合わせるという人には冬にビッグバンアルプスも良いんじゃないかなと思います。

綺麗なグリーンブルーで見事に氷を連想させることに成功しているところはやっぱりすごいなと思います。

ウブロがどんな意図でこういったカラーリングにしているのかわかりませんが、涼し気だし綺麗な腕時計なのでもこもこしてるのをはずして 普通に使うのも良いなと。

まあ、僕だったら外すかなw

というわけで、ウブロのビッグバンアルプスでした。

ウブロ ビッグバン ウニコ フロステッドカーボン 411.QK.7170.VR.ALP18 世界限定100本
素材 カーボン ランク N 機械 自動巻 ケースサイズ(mm) 45 付属品 ウブロ純正箱付き 国際保証書付き…