ロレックスは硬派な時計ブランドであるということをこのブログでも何度もお話ししてきました。

ロレックスの腕時計づくりを知っている人は皆さんご存知だと思います。

遊び心とは割と無縁な感じであるロレックスですから、だいたいの時計はとにかく見た目よりも実用性重視。

チェリーニ以外のモデルが全て防水性100メートルを備えています。

針やインデックスの視認性などを一番に考え、デザイン面を犠牲にしてまで使い勝手を重視するメーカーであることは皆さんの知るところです。

ですが、こういったロレックスでも何度かロレックスらしくないことをしています。

こちらでも紹介しているんですが、ロレックスはいろいろな企業とコラボし、ダブルネームで腕時計を発表しているんですね。

ロレックスに詳しい方ならご存知だと思いますが、僕もその存在を知ったのはつい最近のこと。

あれにゃあたまげた!

やっぱりびっくりしますよね、今のロレックスがどんな体制でどんな時計作りをしているかを知ったら。

ティファニーやカルティエはなんとなくわかります、同じファッション系のブランドですから。

ですが、ドミノピザってw

一体誰がロレックスとドミノピザがダブルネームで時計を発表すると思ったことでしょうw

ピザとロレックス。。。

なんの関りもないように思えますが、これは社員のことを思った上司の素晴らしいはからいから誕生したモデルなんですね。

ノルマを達成した社員たちに配ったというモデル。

いまじゃすごい価値がありそうです。

というわけで、ですね、今日はダブルネームの腕時計について。

ですが、今日はロレックスよりも格式高いブランドがコラボした1本について。

そう、パテックフィリップについてです。

パテックフィリップ Ref.3450

パテックフィリップ Ref.3450

48回払いまで無金利 パテックフィリップ パーペチュアルカレンダー 3940J 中古 メンズ 腕時計
PATEK PHILIPPE(パテックフィリップ) パーペチュアルカレンダー 3940J イエローゴールド/YG シルバー/Si…

そう、あのパテックフィリップがコラボしているのがティファニーなんですね。

パテックフィリップと言えば日本の皇族や外国の王族、ハリウッドや世界中の億万長者を顧客に持つ世界でも最高の時計ブランドですからダブルネームというのはやっぱり意外。

確かにコラボしているブランドはドミノピザじゃなくw、ティファニーですからコラボしていても確かにおかしくはありませんが、パテックフィリップということでやっぱり驚きました。

というわけで、このモデルはみなさんもご存知、カラトラバ。

といってもカラトラバの表記がどこにもありません。

1985年に登場したティファニーの激レアコラボモデルはでRef.3448の後継種として発表されました。

38ミリのケースに搭載された複雑機構のムーブメントは手巻きかと思いましたが自動巻き。

トリプルカレンダーかと思ったら実は永久カレンダーw

アニュアルカレンダーでもなかったんですね。

ポインターデイトとムーンフェイズが載せられた僕好みのデザイン。

3時と4時の間にある赤い点が閏年を表す仕組みになっています。

と言う感じのスペックなんですが、ムーンフェイズのところにティファニーのロゴがデザインされている希少すぎる1本です。

まとめ

というわけで、ロレックスなどともコラボしているティファニーですが、パテックともコラボしています。

1985年に発表されたモデルなので、そんなに前じゃないんですよね、コラボしているのも。

いや、見方によっては大分前だという人もいるかもしれません。

歴史的に価値のある腕時計の一つであることは変わらない1本ですから、どこか有名店や博物館などで見ることが出来るかもしれません。

というわけで、パテックフィリップとティファニーのダブルネームでした。