ダウンサイジング化するゼニスのクロノグラフ、クロノマスター エルプリメロ・42mm Ref.03.2040.400/53.C700と38mm Ref.03.2150.400/53.C700を比較する

0
ダウンサイジング化するゼニスのクロノグラフ、クロノマスター エルプリメロ・42mm Ref.03.2040.400/53.C700と38mm Ref.03.2150.400/53.C700を比較する

腕時計はもはや時計じゃないんです。

なんの話かと思いますが、腕時計が時計として機能を備えるのは当たり前で、それ以外の要求がとても大きなものになっています。

当たり前になると見えなくなるの人間でして、時計は時間を正確に表示するのが当たり前、その他の付け心地やスタータス性やつけたときにかっこいいかなどなど、ファッションや実用性を重視した見方をするほうが時間の正確さよりも大きいです。

ですから、奥さんや旦那さんが当たり前にやっていることにたまに感謝を見せてあげると非常に喜んで関係も良好になることでしょう。

さて、そんな腕時計なんですが、実用性を考えたときにやはり気になるのが大きさです。

このテーマは時計が巨大化する現代ではとても大きなテーマともなりえます。

例えば40ミリを超えるクロノグラフが一般的になっていますが、頑なにそれをしないメーカーなども存在します。

大きくなればこれまでの伝統を崩してしまう可能性のある19世紀前半以前などに設立されたような老舗時計メーカーは、巨大化に抵抗があったりします。

パテックフィリップやブランパンやブレゲなどは大きな時計もあるかもしれませんが、基本形がやや小ぶり。

ロレックスに関してもそうですね。

デイトナなんかは大きくならないし、僕が大好きなチェリーニも39ミリくらいでくすぶっている感じ。

あえて40ミリを超えないサイズ感を大事にしているように思います。

そしてそれはゼニスのエルプリメロ搭載のクロノグラフでも見られ、ゼニスは時計の大型化を躊躇しているように思います。

いえ、実際にダウンサイジング化しているのです。

ウブロを立て直したジャンクロードビバー氏がゼニスのCEOに就任していますが、ビバー氏が言うにはゼニスの2017年のテーマはサイズの縮小化。

2016年にクロノマスター・エルプリメロの42ミリモデルが登場しましたが、2017年には38ミリという40ミリを下回るサイズのクロノマスターが登場しました。

このダウンサイジング化は新たな波になるかもしれないし、波で終わる可能性もありますが、38ミリという現代では小ぶりのクロノグラフも確実に需要が存在するはずです。

というわけでサイズ感を見てみましょう。

クロノマスター エルプリメロ 42mm Ref.03.2040.400/53.C700

クロノマスター エルプリメロ 42mm Ref.03.2040.400/53.C700

クロノマスター エルプリメロ 42mm Ref.03.2040.400 53.C700

image by eye-eye-isuzu.com

ゼニス 03.2040.400/53.C700  エルプリメロ36000VPH (42MM)<在庫や納期はお問合下さい>
人気色、ブルー地に、センターから伸びる赤針、そして、モノトーンのグラデーションとなる3つのサブダイア…

ゼニス Zenith 腕時計 エル プリメロ クロノマスター 36000VpH アリゲーターレザー メンズ 03.2040.400/53.C700
1969年に発表されたゼニスのエル・プリメロは、世界最高峰の自動巻きクロノグラフムーブメント。世界最速…

これが2016年に登場したという42ミリのクロノマスター。

日本人の腕には腕一杯に広がる大きさです。

クロノマスター エルプリメロ 38mm Ref.03.2150.400/53.C700

クロノマスター エルプリメロ 38mm Ref.03.2150.400 53.C700

クロノマスター エルプリメロ 38mm Ref.03.2150.400 53.C700

image by www.jw-oomiya.co.jp

【2017年新作】ゼニス エルプリメロ 38mm ブルー 03.2150.400/53.C700 ZENITH 【新品】【メンズ】 【腕時計】 【送料無料】 【年中無休】
【2017年新作】ゼニス エルプリメロ 38mm ブルー 03.2150.400/53.C700 ZENITH EL PRIMERO

ゼニス 03.2150.400/53.C700  クロノマスター エルプリメロ 38MM
ブルーを基調とし、おさまりのよい38ミリ径に抑えた、クロノマスター エルプリメロ。レトロ感を取り入れた…

そして38ミリのモデルがこっちなんですが、やはり少し小ぶりなのが分かります。

サイズ感が良いですね、小ぶりな方も。

どっちがいいかというよりもつけたときの好みですかね。

スーツで大きすぎると困る人は38ミリが良いし、大きい存在感のあるが好きな人は42ミリが良いし。。

あとは、デザインでも決めることが出来ます。

クロノマスター エルプリメロ 42mm Ref.03.2040.400/53.C700
クロノマスター エルプリメロ 42mm Ref.03.2040.400 53.C700

クロノマスター エルプリメロ 38mm Ref.03.2150.400/53.C700
クロノマスター エルプリメロ 38mm Ref.03.2150.400 53.C700

42ミリと38ミリを比べたときに違いが出るのがインダイヤルとのバランス。

ケースサイズは違ってもインダイヤルの大きさは比例しないのでより凝縮された感じに見えるのが38ミリで、間延びした感じなのが42ミリ。

あと見比べるとインダイヤルの目盛りなんかも違うんですけどね。

というわけで42ミリと38ミリのクロノマスターを見比べてみましたが、完全に好みです。

一番いいのはお店で両方を試着してみるのが良いと思います。

スーツありなしというの関係するし、スーツを着ない人は単に好みや付け心地で判断すればいいと思います。

どちらもエルプリメロが搭載された素晴らしい腕時計には変わりませんからね。

関連性のある記事