ランゲ&ゾーネの腕時計は腕時計には針だけで良い、針と日付だけで良い、というミニマリストにはもってこいの最高級時計です。

針だけの腕時計は確かにたくさんあります。

しかしデザインの面でランゲ&ゾーネほど正統にシンプリシティを極めたデザインは他にはありません。

僕個人の意見ではドレスウォッチでランゲ&ゾーネのサクソニアを超える正統派な腕時計はないと思っています。

ヴァシュロンコンスタンタンのパトリモニーもロレックスのチェリーニも確かに良い線行っているんですが、そこにはブランド独自のスパイスが加味されていて、サクソニアほどの究極のシンプルさはなくなっています。

ランゲ&ゾーネのすごいところはそれがランゲ&ゾーネの腕時計だということがわかる特徴を持っているのに、非常に簡素に、そして美しく外観をまとめているところなんですね。

そのシンプルな究極の美がランゲ&ゾーネという代名詞的になっている感じでしょうか。

さて、そんなわけで今日のテーマはシンプルな腕時計、、、についてなんですが、ランゲ&ゾーネとは違ったシンプリシティを貫くH.モーザーという時計メーカーの2モデルについてです。

東風の記事でも紹介しているんですが、モーザーの腕時計はランゲ&ゾーネのサクソニアとはまた違ったミニマリズムを貫いています。

ランゲ&ゾーネがいらないものを削ぎ落としているとすれば、H.モーザーはいるものまで削ぎ落としているんですねw

その証拠モデルがこれw

時計なのに時間がわからないというw

これが本当のミニマリズムなんでしょうかw

H.モーザー ベンチャー ビッグデイト ピュリティ

H.モーザー ベンチャー ビッグデイト ピュリティ


ということで、今日はこの2本。

モーザーにしてはいろいろと付きすぎているモデルですw

これ普通の腕時計メーカーならシンプルでスッキリしているタイプなんですが、モーザーにしてみれば余計なものが付きすぎている時間がわかっちゃう便利すぎるモデルなんですよねw

なんてたって針がついているんですからw

特筆することはあまりありません。

モーザーの良さはみなさんが一番よくわかっていると思います。

煙を意味するヒュメダイヤルのベンチャー。

モーザーには余計かもしれませんが、スモールセコンドやデイトがついてごちゃごちゃしているモデルなんですが、僕の感覚からすればちょうどいいんですが、モーザー基準からすればホントにごちゃごちゃしているのかもしれません。

なんてたってインデックスが邪魔なくらいですからw

こんな腕時計ブランドも珍しいですよw

ということで、モーザーのデイト付きの2モデルでした。