近年の腕時計メーカーは正統に機械の技術を発展させるのが通例だったのに変わり、今はアート方面に流れる感じも見て取れます。

例えば文字盤。

エナメルダイヤルや、彫金、宝石などを使用して、1本1本職人の手で制作される腕時計が富裕層などからも人気だったりします。

多くの生産数があるラインナップモデルよりも、コレクション性や希少性がある芸術作品のほうがやっぱり所有欲が刺激されるわけです。

ですから、資金力のある時計メーカーは生産数を限定してアートモデルを毎年いくつか発表しています。

こちらで紹介しているのは最近このブログでも紹介したモデルたちで、特殊な技法などで作られた特別モデルなんですね。

数にも制限がありますから、なかなか見応え、コレクション性があるんじゃないでしょうか。

さて、そんな感じで、今日はアートとのコラボ作品を2本ほど紹介したいと思います。

ビッグ・バン ONE CLICK MARC FERRERO スチール ターコイズ 39mm Ref.465.SX.1190.VR.1207.LIP19

ビッグ・バン ONE CLICK MARC FERRERO スチール ターコイズ 39mm Ref.465.SX.1190.VR.1207.LIP19



ビッグ・バン ONE CLICK MARC FERRERO スチール レッド 39mm Ref.465.SX.1130.VR.1213.LIP19

ビッグ・バン ONE CLICK MARC FERRERO スチール レッド 39mm Ref.465.SX.1130.VR.1213.LIP19


ということでこの2モデル。

ウブロのアート作品なんですが、この2本はフランスの画家であるMarc Ferreroとウブロがコラボしたやつ。

始めてみたときすごく欲しくなっちゃったんですが、その情熱はちょっと落ち着いていますw

とは言ってもこの画風は僕はとても好きで、腕時計にこういったアートを合わせるのは非常にナイスだと思います。

ポップアートチックな雰囲気を醸し出す画家なんですが、オンラインでも売られている彼の作品は一つ200万円くらいはするみたい。

marcferrero

このポーカーをしている男3人の絵なんかはすごく魅力的。

部屋に飾りたいですが、200万円はやっぱり難しいw

こういうカラフルなポップアートは気分まで明るくなりますから、本格的な絵よりも個人的にはこういうほうが好きですね。

ということで、このMarc Ferreroとコラボしたビッグバンの2モデル。

それぞれ50本の限定で販売されています。

ターコイズブルーかレッドかで全然雰囲気が違いますが、みなさんはどちらがお好みですか?

緑か赤か、ゲームボーイで発売されたポケモンを思い出しましたw

ということで、こういうポップアートが好きな人にはぜひゲットしてもらいたいですね。

こちらでもストリートアートの巨匠、ミスターブレインウォッシュとコラボしたビッグバンについて書いているので良ければ参考にどうぞ。