僕が骸骨やドクロが不死の象徴であり、縁起が悪いものではないと知ったのは最近のことでした。

それまでは、その外見からネガティブな感情しか抱いていませんでしたが、そんな事実を知ってからはドクロを見ても悪い気がしなくなっちゃいました。

なんて単純なんでしょうw

しかし、ドクロといえばやはり良い印象はあまりありませんから、多くの人はスカルマークに良い印象を持っていないんじゃないかなと。

木村拓哉さんがドクロを愛用していましたが、最近になってスカル柄のニット帽はなんかかっこいいなという気がしています。

女性受けは悪いかもしれませんがw

こちらで紹介しているリシャールミルのスカルウォッチ。

シルベスタスタローンやネイマールが愛用していることでも有名です。

そして香取慎吾さんはジェイコブのスカルモデルを持っています。

こうしてみるとスカルをテーマとした腕時計がちょこちょこ存在しているんですね。

さて、そんなわけで、今日は新たなスカルウォッチを紹介したいと思います。

ビッグ・バン ワンクリック カラベラ カトリーナ 39 mm セラミック Ref.465.CX.1190.VR.1299.MEX18

ビッグ・バン ワンクリック カラベラ カトリーナ 39 mm セラミック Ref.465.CX.1190.VR.1299.MEX18



ビッグ・バン ワンクリック カラベラ カトリーナ 39 mm スチールホワイト Ref.465.SX.2090.VR.1299.MEX18

ビッグ・バン ワンクリック カラベラ カトリーナ 39 mm スチールホワイト Ref.465.SX.2090.VR.1299.MEX18



ビッグ・バン ワンクリック カラベラ カトリーナ 39 mm キングゴールド Ref.465.OX.1190.VR.1299.MEX18

ビッグ・バン ワンクリック カラベラ カトリーナ 39 mm キングゴールド Ref.465.OX.1190.VR.1299.MEX18


ということで、この3モデル。

ラ・カラベラ・カトリーナと呼ばれる世界で一番有な骸骨がこのカトリーナですが、始まりはメキシコだそうです。

住み込み女性の骸骨とも呼ばれている有名な骸骨がこのカラベラカトリーナ。

1913年にポサダ氏によって描かれた『ラ・カラベラ・カトリーナ』という絵がその始まりなんですが、スペインの植民地になっていたメキシコ先住民の伝統文化「死者の礼拝」を守るために描かれたのがこの作品なんですね。

非常に人目を引くデザインで、ファンキーなデザインやスカルが好きな人には是非是非おすすめしたいモデルですね。

簡単にスペックを説明すると、39ミリのケースに自動巻きムーブメントが搭載されたビッグバンのノンクロノグラフ。

ワンクリックでストラップを交換できるシステムが採用された便利なモデル。

ストラップもそれぞれファンキーにデザインされているので、買えないほうがかっこいいですけどね。

というわけで、スカルをテーマとしたビッグバンでした。