バーゼルワールド2019が開幕し、みなさんも興奮しておられるのはないでしょうか?

ロレックスはフライング気味でオンラインで新作モデルを1日はやく発表しましたが、今年も素晴らしいモデルがたっぷりあるみたいです。

このブログでもすでにいくつかのモデルを紹介しているんですが、ロレックスの新作発表はやはりどこよりも目が行ってしまいますね。

注意が注がれるというのはこのことでしょうか。

GMTマスターII、ヨットマスター42、などなど高級志向な腕時計が目立っています。

というか、路線はやや高級寄りになってきているように感じました。

上記で紹介しているロレックスの新作モデルなんですが、どれも既存のモデルよりもプラスαで高級になっている感じのものばかり。

ラグジュアリースポーツが人気の昨今ですが、ロレックスもその流れに乗っかているような感じでしょうか。

というわけで、今日の1本も驚きのモデルなんですが、、

ロレックス シードゥエラー 43mm 18Kイエローゴールド x SS ロレゾール Ref.126603

ロレックス バーゼルワールド2019新作・シードゥエラー ロレゾール 43mm 18Kイエローゴールド x SS コンビ Ref.126603の定価/価格は?

ロレックス ROLEX シードゥエラー 43 126603 中古 時計 メンズ
[在庫あり] ●詳細● ●ロレックス モデル:シードゥエラー 43 型番:126603 保証:当店オリジナル保証1年 分…

ROLEX ロレックス シードゥエラー 126603 ランダム品番 中古 341659
【ジャンル】 腕時計 / watch メンズ 【ブランド】 ロレックス / ROLEX 【商品名】 シードゥエラー 【…

いやあ、これはびっくりたまげた人も多いんじゃないでしょうか?

なにせシードゥエラーという実用性をかなり重視したモデルにゴールドを使用したモデルが誕生したわけですから。

もちろんシードゥエラーに18Kゴールドが使用されたのははじめてのことです。

サブマリーナの派生モデル、よりプロ仕様に近いモデルとして誕生したダイバー専用のシードゥエラー。

防水性も今では1キロを超えるものが標準となっているんですが、ケースサイズも大きく分厚くなっているので、ステンレス素材のみが使用されていました。

ブレスレットも強固でダイバーがスーツの上からでも着用できるようなスタイルだったんですが、2019年にはイエローゴールドを合わせたろレールモデルとして誕生したんですね。

こちらの記事で予想していたデイトナのコンビモデルのセラクロムベゼル化とは違い、セラクロムベゼルのシードゥエラーのコンビ化が行われたわけです。

おそらくこの新作コンビシードゥエラーは人気は出るでしょうが、ステンレスモデルほどは売れないんじゃないかなと思います。

ロレックスはいつでもステンレススティールモデルのほうがゴールド素材を使用したものよりも遥かに高い人気を誇っていますからおそらくシードゥエラーもそうなるでしょう。

価格も15,300CHF(スイスフラン)ですから、日本円にしてだいたい165万円くらい。

ですがシードゥエラー SS Ref.126600の価格は2019年3月時点で170万円弱ぐらいですから、おそらくは同じくらいかSSのほうがちょい高いくらいになるんじゃないでしょうか。

というわけで、ちょっとびっくりしたんですが、シードゥエラーのロレゾールでした。

ロレックス ROLEX シードゥエラー 43 126603 中古 時計 メンズ
[在庫あり] ●詳細● ●ロレックス モデル:シードゥエラー 43 型番:126603 保証:当店オリジナル保証1年 分…

ROLEX ロレックス シードゥエラー 126603 ランダム品番 中古 341659
【ジャンル】 腕時計 / watch メンズ 【ブランド】 ロレックス / ROLEX 【商品名】 シードゥエラー 【…