さて、ロレックスのデイデイトナなんですが、実はロレックスのブランドの中では最上位モデルとして位置づけされています。

これには少し僕個人的には疑問が残るというか、少し解せない部分があるわけです。

なぜかというと、最上位モデルのデイデイトと、下位モデルのデイトジャストがあまりにも似ているからです。

デイトジャストのイメージはおそらく、ロレックス入門機としても一生時計としても申し分ないシンプルな3針+デイトシリーズだと思うんですが、

実際にそういう感じの位置づけであるデイトジャストはシリーズ史上最もバリエーションが多く、ステンレスモデルがその中心になっています。

中にはゴールドを使用したモデルも当然存在し、コンビモデルや宝石をあしらった高額なモデルもあるんですが、それでもやはりデイトジャスト=下位モデルとイメージがぬぐえない。

ロレックスは下位モデルだろうが何だろうが決して手を抜かないし、上位モデルと同じ精度、同じ作りこみ、同じようにゴールドを針やインデックスに使用しているし、ケース素材の904Lスーパーステンレスもそう。

なんですが、やっぱりデイトジャストのイメージはそういう感じなので、デイトジャストに曜日表示が付いたデザインではやっぱりなかなか納得できないわけです。

デイデイトはステンレスモデルがなく、ゴールドかプラチナモデルのみなので自然とデイデイト=高額という図式が成り立つんですが、見た目はデイトジャストにかなり似ているので、その辺がブランド最上位モデルと言われてもなかなか解せない部分なのです。

ただデイデイトが下位モデルだと言っているわけではなく最上位モデルだと言われても下位モデルと要素を共有していては少し納得がいかないという感じです。

デイトジャストのイエローゴールドのモデルとか大好きなんですけどね。

価格もゴールドを使用しているし、ロレックスだし、妥当だとは思うんですが、ただの位置づけの話です。

ポルシェが涙目のヘッドライトを911とボクスターで共有していた時は911ユーザーから批判が多かったことと似ています。

下位モデルであるボクスターと911のヘッドライトが同じだったので、ボクスターの2倍の額を払う911ユーザーから非難を浴びたポルシェですが、ああいう感じですかね。

まあそれでもデイデイトだからと言って余計な価格が上乗せされているわけではないのでやっぱりロレックスは正統派だなぁと感じるんですけどね。

デイデイトが300万円を超えるのはゴールド素材だからで、『デイデイト』というステータス分を上乗せしているからではありません。

その辺はやっぱりロレックスは良心的だし、世界3大ブランドのゴールドウォッチに比べても破格の安さ。

時計が価格に見合わないということでは全くなく、ただシリーズの位置づけに疑問を持っている人が僕以外にもいるんじゃないかなと思ったわけです。

プレジデントブレスとかデイデイトにしかない部分もあるんですが、やはり文字盤のデザイン面の影響がかなり大きいんじゃないかなと思いました。

ブランド全体を通して世界でも最高の腕時計なんですけどね。

その辺りや、価格の妥当性などは紛れもなく正当評価されているのでその辺はお間違いないように(;´・ω・)

ロレックス ROLEX デイデイト メテオライト 118239A 【新品】 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ロレックス モデル:デイデイト メテオライト 型番:118239A…

ロレックス ROLEX デイデイト 118238A 【新品】 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ロレックス モデル:デイデイト 型番:118238A 保証:当店オ…