レギュレーター機構を得意とするメーカーはどこでしょうか?

僕が知る限り、クロノスイスはレギュレーターをたくさん発表していましたし、IWCもポルトギーゼにレギュレーターを載せた手巻きモデルなどをいくつか発表していました。

ランゲ&ゾーネもいくつかレギュレーターを搭載してモデルを発表していましたかね。

こういう感じ。

時針と分針の軸が同軸上にない計時方式をとっている機構をレギュレーターというんですが、僕はこのスタイルが大好き。

時間の認識性はたしかに良くはないんですが、時計としてデザインはすごく美しく魅力的に見えるんですね。

僕にとっては。

さて、そんなレギュレーターなんですが、2019年のパテックフィリップの新作にレギュレーターを使用したモデルが存在します。

結構珍しいんじゃないでしょうか?

あのパテックフィリップがレギュレーターを使用するだなんて。

あまりイメージにはありません。

それもそのはず、パテックフィリップがレギュレーター機構を使用していてのは懐中時計がまだ存在していたころで、最近になってようやく腕時計にちょこっと使用し始めたばかりですから。

2011年に発表されたホワイトゴールド製の年次カレンダー Ref.5235G-001。

アニュアルカレンダー レギュレーター 18Kホワイトゴールド Ref.5235G-001
アニュアルカレンダー レギュレーター 18Kホワイトゴールド Ref.5235G-001

パテック・フィリップ アニュアルカレンダー 5235G-001 シルバー文字盤 メンズ 腕時計 中古


パテックフィリップ コンプリケーション レギュレーター アニュアルカレンダー K18WGホワイトゴールド 5235G-001
パテックフィリップ コンプリケーション レギュレーター アニュアルカレンダー K18WGホワイトゴールド 523…

薄型ケースに搭載された18Kホワイトゴールド製のアニュアルカレンダーがレギュレーターモデルでした。

実はこのRef.5235G-001はパテックフィリップが初めて自社の腕時計にレギュレーターを搭載したモデルだったんですが、2019年、ここにきて色違いのモデルが発表されました。

アニュアルカレンダー レギュレーター 18Kローズゴールド Ref.5235R

アニュアルカレンダー レギュレーター 18Kローズゴールド Ref.5235R


このモデルです。

正直パッと見パテックフィリップの腕時計には見えないんですよね。

もちろん美しさはピカ位置ですが、どちらかというとIWCよりのデザインのように感じます。

IWCの手巻きレギュレーターのような、そんな感じ。

どちらも美しい腕時計を多く発表していますから、いくらかは共通点があってもおかしくはないですけどね。

搭載されているムーブメントはCal.31-260 REG QAというやつなんですが、Ref.5235G-001と同じやつ。

いくつかの変更点は内部でもあるかもしれませんが、基本的には同じムーブメントです。

なかなかパテックらしからぬモダンで美しいタイプの1本ですが、これはちょっと僕好みの1本ですね。

なにせ僕はIWCのようなドレス系が好きですから。

というわけで、2019年の新作パテックも絶好調ですね。

ブランドが売却されるかどうかというのがちょっと気がかりですが。。