世界を牛耳っている時計はどんなモデルでしょうか?

やはりそれはラグジュアリースポーツと呼ばれるタイプの腕時計だと思います。

スポーツウォッチのように実用性があるんだけど高級感がブレンドされたモデル。

いや、むしろ高級感のあるラグジュアリーな腕時計に夜光塗料付きのインデックスや針が装備されたものという方がしっくりくるかもしれません。

高級感とスポーツ性が融合したと言ってもどちらかというと高級よりの方が人気が高い感じでしょうか。

世界を代表するラグジュアリースポーツといえば元祖のロイヤルオークを筆頭にパテックフィリップのノーチラスやヴァシュロンコンスタンタンのオーヴァーシーズなどがあります。

ロレックスのデイトナも実はラグジュアリースポーツの類にカウントできるんじゃないかなと思います。

ゼニスのデファイもそうだし、ジラールペルゴのロレアートもそう。

ブルガリのオクトもそうだし、カルティエのサントスもそう。

今一番人気の腕時計はスポーツモデルでもないし、ドレスウォッチでもありません。

これらを融合したラグジュアリースポーツはかなり人気度が高いんですね。

パテックフィリップ ノーチラス アニュアルカレンダー ブルー文字盤 Ref.5726/1A-014

パテックフィリップ バーゼルワールド2019 新作・ノーチラス アニュアルカレンダー Ref.5726/1A-014・グラデーションがかかった綺麗すぎるグラデーションブルーダイヤル


2019年もノーチラスに新作モデルが出ました。

年次カレンダーとムーンフェイズを搭載したモデルなんですが、パテックフィリップはアニュアルカレンダーが結構好きみたいですね。

パテックフィリップはアニュアルカレンダーの新作モデルを同じく2019年に発表していますが、至るところで年次カレンダー搭載のパテックを見かけます。

ブラッドピットが所有しているモデルもアニュアルカレンダー搭載のモデルだし、割とたくさんのあニュアルカレンダー搭載の腕時計がパテックには存在しています。

さて、そんな感じで2019年の新作ノーチラス、年次カレンダーとムーンフェイズが載せられたやつなんですが、文字盤がそれと同じくらいすごい。

青と黒のグラデーションがかかった横ストライプのパテック特有のダイヤルなんですが、見る角度で変わる色合いにため息が出るほどの美しさを感じさせます。

夜明けのブルー、真夜中のブラック、そんな青とも黒とも言えない色合いがムーンフェイズの月ともとてもよくマッチしています。

お世辞抜きでかっこよすぎる1本と言えるでしょう。

ステンレス素材なので安めなのかなと思いきや、パテックなのでそうはいきませんw

他社のゴールド素材以上の価格がつけられているのがパテックフィリップのノーチラスのステンレスモデルなんですね。

というわけで、2019年に発表された新作ノーチラスでした。