2019年を最後にジュネーブサロンでの新作発表をやめちゃうオーデマピゲ。

リシャールミルもそうだし、どんどん時計の見本市から撤退する企業が増えています。

どちらも実は独立系の企業として時計づくりを頑張っているんですが、今では独立したメーカーはほとんど存在していません。

一番有名なのはロレックスでしょうか。

ロレックスは2019年のバーゼルワールドで目玉となるモデルを2つほど発表しましたが、ロレックスのバーゼルワールド2019の新作についてはこちらをどうぞ。

さて、そんなわけで、今日はジュネーブサロンで発表されたオーデマピゲのフロステッドゴールドのロイヤルオークについてお話ししたいと思います。

ロイヤルオーク フロステッドゴールド ダブルバランスホイール オープンワーク Ref.15407BC.GG.1224BC.01

ロイヤルオーク フロステッドゴールド ダブルバランスホイール オープンワーク Ref.15407BC.GG.1224BC.01


ケースサイズ: 41mm

防水性: 50m

ケース厚: 10mm

ロイヤルオーク ダブルバランスホイール オープンワーク バゲットカットダイヤモンドセットベゼル Ref.15412BC.ZZ.1220BC.01

ロイヤルオーク ダブルバランスホイール オープンワーク バゲットカットダイヤモンドセットベゼル Ref.15412BC.ZZ.1220BC.01


ケースサイズ:41mm

防水性: 50m

ケース厚: 10.4mm

ロイヤルオーク フロステッドゴールド ダブルバランスホイール オープンワーク レインボーバゲットカットサファイアベゼル Ref.15468BC.YG.1259BC.01

ロイヤルオーク フロステッドゴールド ダブルバランスホイール オープンワーク レインボーバゲットカットサファイアベゼル Ref.15468BC.YG.1259BC.01


ケースサイズ: 37mm

防水性: 50m

ケース厚: 10mm

こういう感じなんですが、フロステッドゴールドは霜が降りたような雰囲気を出していることから名付けられたわけなんですが、角度によって細かな無数の輝きを放つところはめちゃくちゃ綺麗。

最初はダイヤモンドを散りばめているのかと思ったのですが、実はこれ、ゴールド素材のケースを叩いて無数の傷をつけているだけなんですね。

フィレンツェ加工と呼ぶ特殊な細工なんですが、ダイヤモンドがついたハンマーで叩いてこのような表面を作り出しているそうです。

フロステッドゴールドのロイヤルオークについては以前にも何度かお話しているので気になる方は読んでみてください。

それだけ僕もこのフィレンツェ加工が施されたロイヤルオークが好きなんですけどね。

さて、ジュネーブサロンで発表された新作のロイヤルオークは17種類だそうですが、フロステッドゴールドが一気に3種類も追加されました。

僕はもともとフロステッドゴールドは何も宝石が使用されていないモデルが好きですが、それだけじゃ物足りない富裕層の方に向けたのが今回のモデル。

派手好きなロイヤルオーク好きにもってこないな新作と言えるでしょう。