時代は青です。

といきなり言われてもお困りだと思いますw

機械式時計の文字盤には青が使用されたモデルがたくさん登場してきています。

白と黒の文字盤が一般的ではあるんですが、それのサポート役としてブルーダイヤルやグレーダイヤルがバリエーションとして登場して、あまりの人気から主役を奪ってしまったということもあったりするんですね。

オーデマピゲのロイヤルオークがそんなふうになっていたりします。

ブルーのタペストリー文字盤を載せたステンレス素材のロイヤルオークの人気はすさまじく、ロイヤルオークエクストラシンの青文字盤はめちゃくちゃ人気です。

こちらでも紹介しているので読んでみてください。

ロイヤルオークのSSモデルの青文字盤なんですが、あまりの人気で白文字盤、黒文字盤についでベースモデルとして通常ラインナップに追加されています。

ただ、今回2019年に発表された15500ST系からは白文字盤が排除されているんですね。

ダークグレーダイヤルがホワイトダイヤルの代わりとして追加された感じなんですが、そのへんはちょっと残念な気がします。

僕は青文字盤も好きですが、次に好きなのが白文字盤のロイヤルオークなので、なぜホワイトダイヤルを無くしちゃったのか気になるところです。

話がそれてしまいましたが、今日のテーマはみんな大好きブルーダイヤルのロイヤルオークについてです。

ロイヤルオーク ブルー文字盤 41mm ブティック限定 Ref.15500ST.OO.1220ST.01

2019年ジュネーブサロン新作 オーデマピゲ・ロイヤルオーク ブルー文字盤 41mm ブティック限定 Ref.15500ST.OO.1220ST.01の定価/価格

オーデマピゲ ロイヤルオーク オートマティック(ブティック限定モデル)/15500ST.OO.1220ST.01 新品 メンズ
取り扱い店舗:銀座本店‚ブロードウェイ店 お問合せコード:15500st-oo-1220st-01 ブランド:オー…

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.01 ブティック限定 2019年発表モデル【新品】
素材 ステンレススチール ランク N 機械 自動巻 ケースサイズ(mm) 41 付属品 オーデマピゲ純正箱付…

この1本なんですが、まあなんというか、15400STと比べても違いがあまりわかりませんw

15400st15500st違い

なんですが、よく見れば一目瞭然。

左側が15400STで右側が今回の15500ST。

インデックスや針が新型は太くなっているんですね。

これは好き嫌いがはっきり分かれそうです。

僕としては完全に前のシャープなインデックスのモデルのほうが好きですね。

おそらくは先代モデルのすっきりしたデザインのほうが好きという人のほうが多いと思います。

ラグジュアリースポーツの元祖時計であるロイヤルオークなんですが、新作ではよりスポーティな方面にシフトしています。

ムーブメントもCal.3120からCal.4302へとシフトしています。

なんだかここにきて新世代のロイヤルオークに大きく変わったなという感じがしています。

デザイン的には1972年の誕生以来ほとんど変化していませんが、ムーブメントやインデックスの違いがあると大きく変わった印象を与えるのがロイヤルオークと言えるでしょう。

ちなみに定価は216万ほど。

ロイヤルオークなのでやすいといえばやすいですが、プレミア価格がつくのかどうか、これからの価格推移に注目ですね。

青文字盤なので、他の色のダイヤルモデルよりも高額になるはずですから。

オーデマピゲ ロイヤルオーク オートマティック(ブティック限定モデル)/15500ST.OO.1220ST.01 新品 メンズ
取り扱い店舗:銀座本店‚ブロードウェイ店 お問合せコード:15500st-oo-1220st-01 ブランド:オー…

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.01 ブティック限定 2019年発表モデル【新品】
素材 ステンレススチール ランク N 機械 自動巻 ケースサイズ(mm) 41 付属品 オーデマピゲ純正箱付…