なぜラッキー7と言うんでしょうか?

カジノのスロットなどでも777が出るとあたりだったりします。

7がラッキーで幸運な数字だという認識が世界中に広がっていますが、7で得したという経験が僕にはありませんw

とはいえ演技が良い悪いみたいな数字は少なからず誰にでもあるようです。

昔人気だった海外のテレビドラマ『Lost』では4,8,15,16,23,42が呪われた数字の組み合わせだというのがテーマになっていましたが、ひとそれぞれ数字や数字の組み合わせに思い入れがあるようです。

さて、そんなわけで今日のテーマはラッキー7のパネライについて。

パネライ ルミノール マリーナ ロゴ 3デイズ Ref.PAM00777

パネライ・ラッキーなブルー?ルミノール マリーナ ロゴ 3デイズ Ref.PAM00777とロゴのお話

【ポイント3倍】パネライルミノールマリーナロゴ3デイズアッチャイオPAM00777ブラック新品


パネライ ルミノール マリーナ ロゴ 3デイズ アッチャイオ/PAM00777 新品 メンズ
お問合せコード:pam00777 ブランド:パネライ PANERAI 商品名:ルミノール マリーナ ロゴ 3デイズ アッチャ…

こういうやつなんですが、幸運な感じがするでしょうか?

そう言われてみればなんとなくラッキーな感じがしないでもありません。

ラッキー777のリファレンスで、ストラップにも幸せのブルーのファブリックが使用されています。

幸せの青い鳥というお話をご存知の方も多いと思います。

結局はそんなものはいなかったというお話なんですがw、青はやっぱり清々しい色ですから、気分まで明るくなります。

とはいってもものは見方によるんですけどね。

ブルースカイは気持ちまで明るくなりますが、暗い気分をブルーと言ったりしますからね。

さて、そんなわけで、今日のテーマはルミノールマリーナのロゴモデル。

1997年にヴァンドームグループの傘下になってから一時期パネライのロゴは消え去りました。

ですから、パネライのロゴがはいったモデルは比較的新しいデザインだと思われることもあるんですが、実はこの躍動感あるロゴは昔からあるやつで、2004年になるまでは7年くらい廃止されていたんですね。

最近になってようやくロゴがまたデザインされるようになってきてはいいますが、どちらかというとまだまだあまり一般的ではありません。

そういった流れからロゴがはいっていないパネライのほうが人気だったりしますが、ツウはやはりロゴ入りを求めるんじゃないでしょうか?

このPAM00000と呼ばれるロングセラーモデルがヴァンドーム傘下になってはじめて誕生したロゴモデル。

2004年から2016年まで作られたベースモデルなんですが、こうしてみるとロゴがあったほうがオリジナルっぽくていいんじゃないかと感じます。

というわけで、今日のテーマはラッキー777なルミノールについてでしたが、特筆すべき点はこれといってありません。

3デイズが搭載されたやや薄型の44ミリのルミノールマリーナに青いロゴがはいっているやつです。

ロゴまで青いんですね。

こりゃあ本格的にラッキーな気がしてきましたw

まあ、普通にかっこいいですよやっぱり。

【ポイント3倍】パネライルミノールマリーナロゴ3デイズアッチャイオPAM00777ブラック新品


パネライ ルミノール マリーナ ロゴ 3デイズ アッチャイオ/PAM00777 新品 メンズ
お問合せコード:pam00777 ブランド:パネライ PANERAI 商品名:ルミノール マリーナ ロゴ 3デイズ アッチャ…