いやぁああ、とうとう発表されましたね。

オメガのスピードマスターの新作が。

今年の新作は特に意味があるモデルたちですから、ファンじゃない人も欲しくなっちゃうんじゃないでしょうか。

いやああ、かっこいい。

何度も見てもこれはかっこいいですよほんと。

こちらですでに紹介しているんですが、2019年のスピードマスターは特別なんです。

否が応でも特別になっちゃうのです。

なのでスピードマスターには通常使用されることのないゴールドが使われているんですね、2019年の新作スッピーには。

何が特別かって、2019年はNASAのアポロ11号が人間を乗せてはじめて月に降り立った記念すべき1969年からちょうど半世紀がたった年だからです。

最初に発表されたのはゴールドのモデルで、全身がキンキラキンのさりげなくないやつなんですが、こっちの方はあまり話題にならなかったように思います。

僕個人的には全身ゴールドのやつのほうがかっこよくて好きなんですが、オメガもロレックスもなぜかスポーツモデルで、ステンレス製のやつのほうが断然人気なんですよね。

ロレックスのデイトナなんて消費税込で300万円を超える品になっちゃってるんですから。

さて、そんなわけで、ステンレスのモデルの方なんですが、実はこれゴールドも混ざってます。

ムーンシャインゴールドと名付けられたオッシャーン(おしゃれw)なモデルで日本での発売は7月を予定しているそうです。

にくい!

この演出がにくい!

なにせアポロ11号が月面着陸したのが7月24日なんですから。

地球時間でいうと7月24日16時50分35秒 (UTC)ですから、日本時間にすると夏時間を計算すると25日の0時50分35秒ということになります。

ただ、当時夏時間があってイギリスと日本の時差が8時間であったかは不明です。

とはいえ、イギリス時間で24日の16時50分ということだけ覚えてればいいですw

もしこのモデルの発売を24日に世界で一斉にスタートさせるような演出をするならば、僕はオメガを真のエンターテイナーとして認めることでしょう。

この腕時計には見どころがいっぱいあって、シリコン製のヒゲゼンマイやコーアクシャル機構を搭載したりしているので、これまでのシーマスターのようなすごい耐磁性やメンテナンス性を持つ手巻きムーブメントになっているんですね。

オメガ・スピードマスターアポロ11号 50周年リミテッド Ref.310.20.42.50.01.001の発売日はいつ?

人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな一歩だと言ったニール・アームストロング船長の足跡のエングレービングが裏蓋にされています。

余談なんですが、アームストロング船長のスピードマスターは壊れてはいけないので、予備として船内に残しておいたそうです。

なのでスピードマスターを月にはじめて持ち出したのは船員のバズ・オルドリンさんなんですね。

価格は110万円くらいの定価がつけられています。

僕速で売れちゃうでしょうね。

夏になったら。

オメガ スピードマスター ムーンウォッチ アポロ11号 50周年記念(限定6969本)/310.20.42.50.01.001 新品 メンズ
取り扱い店舗:ブロードウェイ店‚御堂筋店 お問合せコード:310-20-42-50-01-001 ブランド:オメガ…

オメガ OMEGA スピードマスター ムーンウォッチ アポロ11号 50周年記念限定 310.20.42.50.01.001 新品 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●オメガ モデル:スピードマスター ムーンウォッチ アポロ11…