さて、みなさん、F1は好きですか?

僕は大好きw

僕のブログを読んでくださっている方ならおそらく何度かF1について書いていたのを読んでくださった方もいるはず。

その節はありがとうw

さて、先日行われたモナコグランプリなんですが、僕の大好きなメルセデスのルイスハミルトンが優勝しました。

僕は彼の大ファンで、部屋にもいろいろとハミルトングッズを持っています。

日本じゃ買えないものをたくさん持ってて、売ったらちょっとしたお金になるんじゃないかと思うものがいくつかあります。

と言っても希少価値があるかといえばそうではないんですが。

さて、そんなわけで、モナコGPが終わっちゃいましたが、世界中のセレブが集まる国としても有名なモナコ公国。

F1グランプリでは世界中の著名人や有名人、セレブなどがF1のモナコグランプリを見に行きます。

面白いことにF1ドライバーもまたその中の著名人で有名人でセレブだったりするんですよねw

特にルイスハミルトンなんかはスター中のスター選手。

才能と技術の塊のような選手なんですが、スター性もあるんですよね、かっこいいから。

派手で愛嬌のある性格ですから、スポーツ選手というよりはアイドル的な感じも持ち合わせています。

そんなモナコGPなんですが、今日はモナコ公国のプリンスの腕時計について紹介したいと思います。

リシャールミル RM 60-01 オートマティック フライバック クロノグラフ レガッタ

モナコ公国の王子、ピエールカシラギ氏愛用の腕時計・リシャールミル RM 60-01 オートマティック フライバック クロノグラフ レガッタ


こういうやつ。

モナコ公国の王子様がつけている腕時計としては申し分ない1本。

リシャールミルの数千万円する腕時計なんですが、なかなかタフそうなスタイルをしています。

先日紹介したシルベスタスタローンとリシャールミルが共同で制作したモデルによく似ています。

ファレルウィリアムスが所有しているということもお伝えしましたが、リシャールミルはトノーケースばかりじゃないんですね、最近は。

それにしてもでかい腕時計。

このモデルのサイズは50ミリで、ケース素材はチタン。

ケース厚は16ミリくらいですから、パネライのデカ厚ウォッチを連想させるくらい存在感を感じられるやつです。

レガッタ機能がついているのでヨットレースにも使用できる便利なやつ。

モナコだけにヨットレースとは無関係じゃないですからね。

というわけで、モナコ公国のプリンスが使用しているリシャールミルの1本でした。

他にどんなモデルを持っているのか知りたいw